« 単車でイラッと、、、 | トップページ | 決まりません。 »

2016年8月19日 (金)

異常検知

単車に限らない。車でも、自転車でも、カメラでも、PCでも、、、何でも言えること。
継続的に使っていると、微妙な違いが生じると、ほぼ確実に気が付く。
違和感というか、何というか、極僅かな違いだ。

まぁ、仕事における加熱装置で、加熱対称の温度状態も赤熱状態の色味を見るだけで、800~1900℃の範囲で±10℃の幅で温度を言い当てることも可能だし、真空ポンプの排気音で炉内真空度がどの程度か?というのも99%充当てる事は可能だ。
常時接していれば、極僅かな違いを違和感として検知することが出来る。

単車とか自動車の場合は、アクセルに対するエンジンのレスポンスというか付き、回転の滑らかさ、、、この辺りは違和感として確実に感じることが出来る。プラグの番手の違い、オイルの状況、エアクリの状況、ダイヤフラムの異常、、、、この辺りは違和感として感じることが出来るので、その違和感から根元的な部分を探し出す事は99%可能である。
自転車ならフレームの状態、ホイールの状態は、踏んでトルクを掛けた時のレスポンスで違和感を感じたりもする。

こういう正常状態からの異常状態を異常として検知することは可能だが、異常でない状態の検知は、チョット難しいというのが感想。

サスペンション、ブレーキのパーツ交換を行う人は少なく無いけど、自分の場合、あまり必要性を感じないから、その辺りのパーツの交換欲求は高くない。オーリンズ最高とか聞くけど、自分の場合、純正サスでも不満を感じることは無いから、正直、何でも良かったりしているのだ。
友人やショップの店主と話をすると、この辺は凄く判るらしいけど、残念ながら判らない。まぁ、判らないというよりも、純正であっても不満を感じないから気にならないという方が正確かもしれない。

個人的には、異常は検知出来るけど、、、、異常でなければ気にしないというのが正直な所。

|

« 単車でイラッと、、、 | トップページ | 決まりません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異常検知:

« 単車でイラッと、、、 | トップページ | 決まりません。 »