« 生活保護受給者の三割超がメタボ、、、、 | トップページ | エア圧 »

2016年9月24日 (土)

後方にもドラレコ

高精細で、高解像度、、、これも大事かもしれないけど、大事なのは、何か事故が起こった時の状況が見えること。精細度も大事かもしれないけど、暗くてもガイドラインがしっかり映る事の方が大事なような気がする。

それから、、、最近思うのは、衝突するのは、こっちからだけとは限らない。後方から、、の場合も当然ある。

で、結構役立っていると実感するのは、後方にも搭載したドライブレコーダー。ただ、後方用のドラレコのチョイスは前方用とは異なる。前方用は低照度でも映るのが大事だけど、後方用は、寧ろ暗所が苦手気味なモデルの方が良く判る。基本、日中はどんなドラレコでも映る。問題は夜間だ。夜間で前方はヘッドライトの照射範囲外を如何に写すか?が大事だけど、後方は後続車輌のヘッドライトに照射され続けているので、どちらかと言えば、その明るさの中で程良く映る程度のモデルが良い。

今は、激安ドラレコのKEIYOのAN-R005である。薄型でハイマウントストップランプの下側に貼り付けているけど、邪魔にならないし十分機能する。因みに、画像はバックミラーのAUX端子に接続して、バックミラー中にモニター映像を映している。

この後方用のドラレコ、結構重宝する。先日も、ガレージから入出庫中の切り返しエリアに無理矢理入ってくる軽自動車に対して、その行為の証明にも使えたし、何かと役に立つ。特に、後方視界は前方と違い、見ないこともあるので、その時の状況確認に役に立つ。
お奨めである。

|

« 生活保護受給者の三割超がメタボ、、、、 | トップページ | エア圧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後方にもドラレコ:

« 生活保護受給者の三割超がメタボ、、、、 | トップページ | エア圧 »