« 二輪の規制 | トップページ | 生活保護受給者の三割超がメタボ、、、、 »

2016年9月23日 (金)

加速力に見合った、、、

二輪の突出した能力、、、、それは、低速域からの圧倒的な加速力である。原付は別にしても、原付以外のクラスでは、その圧倒的な加速力こそが身上である。
その加速力は、排気量クラスが上昇する程に圧倒的となる。アクセルを開けるだけで異次元の加速で高い速度に一気に到達する。これは、武器である一方で、大きなリスクを伴う。

この加速力を嗜む上で要求される技能、それは何か?

それは、高い速度を一気に殺す事が出来る制動能力である。この制動能力こそが最も重要である。
圧倒的な加速力によって、僅かな加速区間で異次元の速度に到達するのである。僅かな加速区間、、、、これは、日常の一寸した瞬間が該当するけど、こういう日常の一寸した瞬間に付き物なのは、突然の飛び出し等の突発事項。僅かな区間での強烈な加速で遭遇する、突然の飛び出し、、、、そうなると、どうするか?というと、その僅かな時間で、即座に速度を殺す事が出来る能力である。所謂、急制動能力だ。

急加速は、、、、エンジンパワーとアクセルを開ける右腕があれば、誰でも出来る。

しかし、、、

急制動は、そうは行かない。フロントをロックさせながらも、ロックしたらリリースさせて車体の安定を保ちながら速度を一気に殺す。二輪の免許試験での定速からの目印地点からの制動みたいな糞操作ではなく、フル加速中に突如の急制動というのは、姿勢の変化も大きく難易度は、その比ではないのである。この能力、恐らく一般ライダーの99%は持ち得ていない。大抵のライダーはロック即転倒だろうし、ロックさせる度胸も無いだろう。ロック直前を探るには、しっかり制動できる能力が必要だし、しっかり制動すると殆ど前荷重。この状態で車体を安定させる操作も出来ないと無理。

急加速状態からの急制動、、、、これが鍵だ。

近い将来、ABSが義務化されるそうだが、義務化しなければ事故が減らないと判断されたからだろう。将来は、四輪同様に、二輪もブレーキアシストなるデバイスが装備されるかもしれない。ブレーキアシストとは、ブレーキ操作が弱ければ制動力を高めるシステム。一方、ABSはロックしたらロックをリリースする機構。相反する機構だけど、これは、急制動を探知したら機械の能力一杯で減速を行わせるデバイスだが、こういう制御が二輪にも入るかもしれない。だれでも、パニック時には単車の能力で自動的に止まるというシステムだろうけど、、、ホントは、急制動はライダーに委ねられるべきのような気もする。

下手すると、路面形状認識して加速力自体も車体側で制限が掛けられたりして、、、、

そうならないためには、単車の強烈な加速力に見合った、乗り手の制動力をもっと磨いて事故を減らすのが有効。急加速よりも、急制動、、、、これが大事だ。

|

« 二輪の規制 | トップページ | 生活保護受給者の三割超がメタボ、、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加速力に見合った、、、:

« 二輪の規制 | トップページ | 生活保護受給者の三割超がメタボ、、、、 »