« 未来技術遺産 | トップページ | 筋持久力 »

2016年9月 9日 (金)

大型ライダー生態

先日、会社の同僚が単車を買った!ということで、慣らし、馴らしを兼ねた御散歩ツーリングに付き合って少し山間部を走ってみた。

夏のホリデーということで、他にも単車を見掛けたけど、同日に見掛けたサイクリスト同様に、ライダー的には、幹線道路の他の車両の交通量も多いエリアである。広域農道、県道、酷道エリアでは見掛けない。

で、そういう通行量の多い国道で見掛けたライダーの様を見て、少し驚いた。

ライダーは体型的に40代後半以上のオッサン体型である。背筋は衰え、上体の姿勢も今一。ハーレー系は言わずもがなだけど、リッターネイキッド、リッターSSも然りだ。
まぁ、スポーツバイクに乗るのに、それに似合った体型が必ずしも必要、、、とは、言わない。
しかし、、、、、数十メートル間隔で四輪車が走っている中を、追い越し禁止エリアで抜いて走るのは如何なモノか?と、、、、ずっと車列が続いているのに、そういう走り方は、なんだか迷惑っぽい。四輪が道を譲っているなら兎も角、、、、譲る気配が無い状態で無理矢理抜くのはアホっぽい。まぁ、抜くにしてもサッと抜いて、サッと去るならいざ知らず、一台抜いてウロウロ、一台抜いてウロウロ、、、、抜いて前方が開ける訳でもないのに抜く意味が見えない。

そして、抜き方が格好悪いし単車の扱いに、素人臭がプンプンである。抜く前に四輪の後で蛇行っぽい煽りを車間を詰めて行って、抜いた後、次の車の後で同じ様な行動、、、、見ていて、アホ丸出しである。
抜く前の行為、、、、蛇行して抜くような蛇行的スタイルも単車は動かず、状態、頭を中心に左右に振りながら単車の動きはタイミング二つは遅れているようなパターンで、見ていて非常に不安定。一言で言えば、人馬バラバラ下手くそ状態である。真っ直ぐ走ろうとする単車の上で人が暴れているか、ラジオ体操しているかの様子。

こいつら、これを上手いと思っているのかどうかしらないが、体型も装備も姿勢も、、、そして、抜くタイミングの選び方、場所、状況の判断を含めて、完全に終わっているというか、始まっていない様子。お爺さんデビューのやんちゃな中坊って感じである。

こういう集団と一時的にでも連なると、同じ集団では無いのに、物凄く恥ずかしいような印象である。
今時の五十代の事故の多さが問題となっているニュース、、、その事故の原因を垣間見るような、、、そんな印象。こういう連中、乗るのを止めれば良いのに、、、、。

|

« 未来技術遺産 | トップページ | 筋持久力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大型ライダー生態:

« 未来技術遺産 | トップページ | 筋持久力 »