« ウインカー不調 | トップページ | デジカメのカスタマイズは楽しい »

2016年10月 9日 (日)

Vツイン

我が家で三台目のVツイン、BTがやってきて乗り比べて気が付いた。

Vツインでもキャラ、全然違う。

SVのVツイン、中低速も使い物になるけど、基本は5000rpm以上を維持して走るのが心地よいVツイン。マルチより広いパワーバンドで高回転特性に優れるというモノ。これ、スーパースポーツのエンジンだ。この系譜、初期のVT250Fから始まり、各社がリリースしていた水冷90°のリッターVツインスポーツと同じ傾向。

BTのVツイン、これ、基本はアイドリング~アイドリングの3倍程度の範囲で回さずに走るエンジン。兎に角、低回転での鼓動感、大きなフライホイールによる安定したトルクと鼓動を活かして走るエンジン。これは、基本的にゆったり走るエンジン。クルーザー系統でアメリカンと同じ傾向。

CXのVツイン、これは、低回転から高回転の吹け上がりを楽しむユニット。高速維持もチョットしんどいし、低速オンリーもチョットギクシャクする。抑揚を楽しむユニットである。

ずっと高回転ならSV、ずっと低回転ならBT、上げたり下げたりならCXって感じ。いずれも違うキャラだ。

因みに、、、CXはフライホイールが元の大きさだったらBT的だったような気がする。カスタマイズの結果、今の状態になっているから、ちょっと違う。

BTは低速待ったり系だけど、その気になれば6500rpm迄スムーズに回るので、今どきのロングストローク系Vツインとも少し違う。BTもCX風のモディファイを加えると、大型CXのようなエンジンキャラになるかもしれないが、、、そうなると、同様に始動性が悪化しそう、、、止めておこう。

ところで、Vツイン話ではなく、BTとCXの比較話だけど、この二車、CXの後継機ということでBTを調達したけど、キャラクターが違いすぎる。
CXからBTに乗り換えると凄く楽、、、一方でBTからCXに乗り換えると凄く乗りにくい。

ただ、ポジションはCXの方が振り回しやすい。最大の違いは下半身のコンパクトさ。BTはステップが低いのが難点。これは至急改善が必要。

そして、ハンドリングが凄く違う。まぁ、CXの場合は、従来は極めて乗りやすいという感想だったけど、BTに乗った直後にCXに乗ると、フロントは切れ込みやすく、物凄く不安定な印象。特に、暖機も程々に低速トルクが不安定な状態で走っていると、微妙なアクセルワークでトルクが付いてこないので、妙にふらつく。しっかり、トラクションを掛けないと車体が安定しない感じ。BTは?というと、これ、アクセルワーク、関係無い。兎に角、安定志向の操縦性。トラクション掛けなくてもタイヤのグリップ力が強大な感じがモロに伝わる。

さすがに、21世紀の車両である。お店のご厚意でハイグリップタイヤを入れて頂いたためかもしれないが、何があっても滑りそうになり。滅茶苦茶安定したグリップ感である。ハンドリングも驚くほど素直、、、、今どきのバイク、今どきのハイグリップタイヤを入れると、、、それは自分の知る1980年頃のバイクとは全く別物、、、、

でも、、、敢えて言えば、不安定な車体、グリップ面の小さなタイヤ、とがったプロフィールのタイヤ、、、そんな乗りづらいパッケージで乗り慣れた方が、多分、ライダーとしての懐は深くなるような気がする。乗り易いバイクしか乗らないと、昔のバイクを本気で乗るのは無理かもしれない。

|

« ウインカー不調 | トップページ | デジカメのカスタマイズは楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vツイン:

« ウインカー不調 | トップページ | デジカメのカスタマイズは楽しい »