« 何処で実感? | トップページ | 膝の痛み »

2016年10月26日 (水)

中古車で怖いのは?

単車の中古車で怖いのは、、、、四輪と違って、割と素人が気楽に手を付けている場合が少なく無いから。
そこそこの知識と整備能力と常識がある人であるならば、何の問題も無いけど、、、、知識も常識も整備能力も無い、どうにもならないような人でも、何故か自信とやる気だけ持っているような人が居ないとも限らない。

単車の場合、何故だか車に比較すれば非常に怪しい人が触る頻度が多いように思える。

この度のBT、最初の見た目が強烈だったけど、その強烈さから受けた危惧、つまり、最初の見た目以外にも何処か変な事をしているのでは?という予感が当たったけど、これが終わりとは言いきれないので、結構、怖い。

そもそも、そういう怪しいユーザーか?という最初の見極めは、購入後に手を加えられた状態から或る程度は想像が付く。
変える必要性がある?と思えるような、ネジの交換、ナンバー枠の装着、寸足らずの社外グリップの交換、意味の見えないスライダー等々、他には、信頼性ゼロっぽい中華HIDユニットとか、ヨーロピアンホーンとかを、ハーネスぶった切り+イモハンダで強引に装着なんかしてあると、見るだけで不安感がマックスとなる。

実際、その後のチェックで、サイレンサーバンドナットとか、ステップピンとか、色んな所に痕跡を見付ける事が出来る。

一箇所見付けると、次も見付かる、、、、これ、結構怖い。罰ゲームの宝くじというか、あら探しというか、、、そんな感じ。

やっぱり、中古車購入は、、、、結構、怖い。現車確認の上に決断する場合は、そういう痕跡を探して判断するけど、通販とか競りとかでは、概要画像のみで判断せざるを得ない訳で、そういう大きな画像からは、こういう部分は見る事が出来ない。
今回は、レア車故に、画像確認で車両調達を試みたけど、この辺が画像確認で調達する際の怖さだ。

次は、何処に何が見付かるか?これ、結構、ドキドキだったりする。

今の時代、インターネットで遠方から車両を調達する事も可能だけど、こういう事も少なからず存在する。この辺を考えると、やっぱり現車を確認するっていうのは、とても重要だ。

取り敢えず、このドキドキが解消しないと、、、正直、CXの引退は踏み切れない。

本日、見付けたのは、右ステッププレート裏の不可解な痕跡、、、、チョット嫌な感じ。

今回、初めて通販スタイルで調達したBTだが、個人的に後期型BT1100というモデル自体は期待に違わぬ乗り味で非常に気に入っているのは事実だが、手元にある車体自体に対しては懐疑心が拭いきれないのが正直な感想。もし、程度の良いBTが再度目の前に表れたら、、、、、恐らく、買い直す可能性が高い。二個一で安心出来る構成+スペアパーツというパターンにしたいというのが本音だ。

ただ、そんなBTが目の前に表れる可能性は極めて低そう。ましてや、この度、お世話になったショップに、もう一度お願いするのは、一寸難しい。今回、相当に苦労されている筈だから、それ以外で調達する方法というと、基本は現車確認して自身で買い付けに行く事になるだろう。そういう状態になれば、心おきなくCXは引退させる事も出来そう。

|

« 何処で実感? | トップページ | 膝の痛み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古車で怖いのは?:

« 何処で実感? | トップページ | 膝の痛み »