« デイトナのマルチステップ | トップページ | フロントフォークの再メッキ »

2016年10月21日 (金)

傷み、OK?NG?

自身、維持すべき単車を調達する時、外観上の傷み等で許せる種類、許せない種類がある。

まず、許せる種類。
経年劣化による色褪せ、色落ち、ステッカー破れ、装飾部分の部分的な錆び等。こういう傷みは基本スルーである。ステッカーやタンクパッドを剥がした後の色褪せ等は全く気にならない。使ってたら仕方ないと思えるものは基本OKである。
交換可能なパーツの傷も大丈夫。具体的には、メッキのダメージ、シートの破れ、オイル漏れ、メインハーネスの損傷等々も交換可能、リフレッシュ可能なら基本OKである。

そして、許せない種類。
絶対的にダメなのは、エンジン本体に生じた割れ、欠け、フレームや足周りに受けた変形。これらは、頑丈な基幹部品にダメージを受けているということで、相当に大きな負荷を受けたと思われるから。エンジンの割れ、フレームの変形となると、現実的に交換NGだからダメだ。
錆び、色褪せはOKだけど、NGな傷みのパターンでは、打刻傷、擦り傷だ。この場合、基本交換となる。それ故に、小さなパーツでも交換不可能、入手不可能、修理不可能なモノがダメージを受けていると、場合によってはNGとなる。
自身のバイクで擦り傷を付けてOKなのは、フルバンクで削れたアンダーカウル、バンクセンサーくらい。転け傷、倒し傷は、昔からNGなのである。

こればっかりは仕方ない。過去に、ガンマで転倒してハイサイドでシートレールにダメージを受けた時は、フレーム交換したし、自転車でも風で倒れてパイプにエクボが出来た時もフレーム交換した。ガンマのフルカウルも傷が原因で、FRPで純正仕様で作り直している。細かいと言えば、細かいけど、まぁ、一種の拘りである。

|

« デイトナのマルチステップ | トップページ | フロントフォークの再メッキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 傷み、OK?NG?:

« デイトナのマルチステップ | トップページ | フロントフォークの再メッキ »