« ピストの加速 | トップページ | ぎっくり腰とも違う、、、 »

2016年10月16日 (日)

燃料タンク容量

最近のバイク、燃料タンク容量が非常に小さい。重量車でも12~13Lっていうのはザラだ。12~13Lっていうと、、、自分の印象では、CB125T、RG125、RD125のような125ccクラスの印象である。15~16Lで250ccクラス、17~18Lで400ccクラス、19~22Lで750ccクラスという印象である。特に燃費の悪い2ストロークモデルの場合は、少し大きめというパターン、、、、そういう認識である。

この燃料タンク容量の公称値だけど、殆ど満タンにしても入らない容積。実際はマイナス1L程度という認識。更に、リザーブで3~4Lだから、実際の給油スパンは交渉容量の-5L程度、つまり125ccなら8L毎、250ccなら10L毎、400ccなら13L毎に給油という印象である。

因みに、燃費は125ccで25km/L程度だから満タンで200km弱、250ccで20km/Lで同様に200km走行、400ccでは18km/L程度で、230km程度、、、、つまり、200km毎に給油というのが自分の印象だ。

しかし、今時のモデルは、重量車、750ccクラスでも13L程度とか、そういうのが少なく無い。残量警告灯等で公称容量-5Lが給油量と考えると、重量車で8L給油、、、、燃費は20km/Lを目安にするのは厳しい。15km/L程度だろう。すると、、、、下手すると120km程度で給油、、、、絶対的なタンク容量が小さい分、燃費を稼ぐ運転でも限度がある。

この辺がとても心配。NC750Sで14L、SV650で13L、MT-07でも13L、MT-09で14L、MT-01でも15Lと非常に少ない。インジェクションで燃費が良いのかも知れないけど、楽しい走りをしたら、、、どうなんだろう。

個人的には、ミドルクラスなら最低でも16L以上は欲しい。2ストロークとか重量車なら、20Lというのが一つの目安。そうでないと、、、、今一、不安である。

|

« ピストの加速 | トップページ | ぎっくり腰とも違う、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃料タンク容量:

« ピストの加速 | トップページ | ぎっくり腰とも違う、、、 »