« BT1100、走りこんでの印象 | トップページ | うーん、、、、 »

2016年11月15日 (火)

時計の精度が高くても、、、

日頃、愛用しているのはセイコーの自動巻き時計。
基本は、逆輸入のオレンジモンスターだけど、気分によって国内向けのチタン製のブラックサムライ、4Sアルピニストを使い分けている。

ただ、、、、この自動巻き時計、精度的には今一。毎日使っていると停まる事はないけど、デスクワーク中心で手を動かす事が少ない状況での使い方では、結構、遅れ気味。
最大で、一週間で2分程度は遅れる。
そのため、分刻みで正確な時間が必要な場面では、自動巻き時計は使わない。

昼休み、僅か1時間である。その間で、昼飯食って、自転車で20km近くのポタリングを行うけど、分刻みでポイント毎の通過時刻をチェックして走っている。そのため、、、、一分、二分の狂いも許されない。

まぁ、自転車に乗る時に自動巻き時計はNGだから使わないけど、こんな時は、電波ソーラークロノグラフを使っている。サイクリングに出掛ける時もそうだ。
サイクリング時+時間にシビアな時は、電波ソーラークロノグラフ、メーカーはカシオ、ブランドはウェーブセプターってモデルだ。平日着用は、WVQ500TDJってチタンモデル、休日はWVQ400って樹脂モデルだ。この辺りのモデルは非常に正確、振動にも強いので用途的にはピッタリだ。

ただ、如何に精度が高くても、何となく、電池仕掛けっていうのは、どうも好きになれないのが本音。構造的に無理かも知れないけど、もう少し高精度、そして振動に強い自動巻き腕時計が出れば、、、と思ってしまう。

|

« BT1100、走りこんでの印象 | トップページ | うーん、、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時計の精度が高くても、、、:

« BT1100、走りこんでの印象 | トップページ | うーん、、、、 »