« 経験値かな? | トップページ | 煽りまくりのBMW M235i ドラレコ、やっぱダメだな。 »

2016年11月23日 (水)

BT1100ツーリングインプレッション

納車後、細々としたところを修正し、欠品箇所の補充、再整備が完了したので、少々心配ながら、模擬ツーリングを行いました。
正直、電装系統に一抹の不安を抱えており、自宅から遠く離れた場所を走るのには、少々の抵抗があります。それでもJAF等を利用すれば帰る事が出来そうな範囲ということで、県内に絞ったコースを走行しました。

確認すべきは、ポジションチェック、巡航性能チェック、コーナーリング特性チェック、様々なコンディションでの対応度チェックといったところ。

コースは、自身のホームコース(大学入学前、毎週末走っていた山間部のワインディングロード)を半分程度組み入れ、それに主要郊外線を繋ぎ合わせた総行程170km程のコースです。ワインディングは、向原~豊栄、三和~志和地、上根~井原、白木~志和~畑賀の4区間です。超タイトなウエット+落ち葉のワインディング、ウエット路面の中速峠、中高速のワインディングといった区間ですが、何れも速度は抑え気味で走行しました。

まず、ポジションですが、やはりハンドル幅が広く感じます。広さは押さえ込みの容易さを生みますが、積極的に身体を動かそうとすれば、上半身が縛られますので、そういう乗り方では背中に疲労を溜めやすい感じです。下半身では、やはりステップ位置が低めで、解決にはバックステップ化が必須と思われます。まぁ、ポジション的にさほど大きな不満は在りませんが、上体が完全にアップライトになるので、ウエストバッグよりもショルダーバッグの方が運転の負担にはならない気がします。
巡航性能のチェックは、基本は郊外幹線国道での走行特性で、車の流れに乗った時の扱いやすさのチェックとなります。速度は60km/h前後ですが、トップホールドの2000rpm辺りが使えます。その状態からアクセルワークだけで速度コントロール出来るのは非常に楽珍です。そこから4000rpm迄は一気で、ギアチェンジ不要で大抵の車の流れから逃げ出すに十分な加速を発揮します。その回転域中心で走れば、エンブレは殆ど気になりません。但し、10km/h以下での上りの渋滞曲面では駆動系のバックラッシュのような挙動が出ます。極低速を走るのは苦手かも知れません。
コーナーリング特性のチェックでは、超タイトなコーナーリングにおいては、ステップワークでの操作を行えば、まるで125ccかの如く、向きを変える事ができます。重量を全く感じません。メリットなのは、大きなフライホイール、豊かな低速トルクで、高めのギアを使えば、ウルトラスムーズで十分なトルクをマイルドに取り出せるので、非常に楽です。高回転型のツインのようなギクシャク感は皆無です。
中高速での特性でも、車体の操作感の軽さは変わりません。キャラ的に考えれば、上限はトップで4500rpm程度迄でしょう。ただ、そういう速度域を考えれば、高速道路以外一般道のワインディングをほぼ全てカバーする範囲で優れた操縦性を発揮するものと思います。リア支点でフロントを煽るような操作では軽さを感じますが、前後輪を同時に使ってバンクさせるようなコーナーリングでは、操作感は軽いですが、バンクの割りには、コーナーリングアングルを稼ぎ出すのは苦手のようです。セパハンバックステップのSVは疎か、似たようなキャラクターとも言えるCXと比較しても劣るようです。
まぁ、偏平タイヤ故の現象でしょう。コーナーリングでの接地感は稼げますが、タイヤトレッドを利用した旋回力は、尖ったタイヤのCXに劣るのは致し方ない事と言えます。

コーナーリングに必須なブレーキ性能は非常にコントローラブルかつ強力で、全く不満はありません。
サスペンションの作動性も極めて良好で、コーナーリング中のバンプに遭遇しても車体の挙動は殆ど変化しません。この安定感は、急な路面コンディションの変化でも乗り越える事が期待出来る程です。

総括すれば、ツインなのですが、低速トルク+大きなフライホイールで、ツインらしからぬスムーズさが最大の美点で、CXとかSVのような挙動に大きな影響を与えるバックトルク、エンジンブレーキが殆ど無視出来る点です。
そして、エンジンは極低速から、常に扱いやすく、ツーリングユースには最強のパッケージと言えそうです。

実用面のチェックでは、、、、、使いにくい事この上ないヘルメットホルダー、、、これは大至急方法を考えないといけません。他には、想定外の燃費の悪さ、、、10~15km/L程ですので、燃費性能をしっかり把握しておく必要があります。燃料タンクの形状からタンクバッグの座りが悪いですが、リアカウル上には荷物を置くのは無理っぽいです。ツアラーなのに、積載性が悪いのは、少々いただけません。積載性といえば、タンデムシートを利用してでも確保すべきですが、その前提には、やはりヘルメットホルダーを使いやすい場所に新設するということです。

|

« 経験値かな? | トップページ | 煽りまくりのBMW M235i ドラレコ、やっぱダメだな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BT1100ツーリングインプレッション:

« 経験値かな? | トップページ | 煽りまくりのBMW M235i ドラレコ、やっぱダメだな。 »