« 納車一カ月目のBT1100の今 | トップページ | BTで行くために »

2016年11月 1日 (火)

キープレフトできないの?

センターラインの在る道路なら、センターラインを割らないのは鉄則事項。
問題は、センターラインの無い道路。
センターラインの無い道路での走行の基本、、、やはり、キープレフトである。
左側走行を徹する事で、ブラインドコーナー等での出会い頭の事故を防げるのだ。
しかし、、、センターラインの無い道路で、キープレフト走行している車は非常に少ない。恐らく、、、20%以下では?と思える。

逆に、そういうセンターラインの無い道路で、対向車が居ながらもS字形状の道路を直線的にショートカットするバカが多い。

特にスマホ操作運転者、或いは、高齢運転者で特に65歳以上と思える連中だ。

数年前にも、そういう道路で明かに反対側を走行するようなプリウスに正面から突っ込まれた事があるけど、コイツも当時70歳代のシバタってオッサンだ。

日本の道路事情、昭和の時代から基本的には変わっていない。特に生活道路はそうだ。

しかし、日本の車は近年幅広化が一気に進行している。昭和40年代は車幅が1600mm未満の車が多く、昭和50年代~平成初期迄は1700mm未満が殆ど。しかし、近年は1850mm前後の車両が非常に多い。車幅で250mm広くなる。更に、最近のドライバーの車両感覚のレベルから言えば、助手席側に寄せる能力は殆ど無いので、一台辺りだけど、占有幅は500mm以上拡大しているのが実状。

そんな幅広車両が昔の生活道路を対面で離合するのである。道幅が1m近く狭くなったのと同じ、、、、昔の人には5ナンバー限定とかの区分が必要な気もする。車幅感覚が無い癖に、キープレフトが出来ない、、、っていうより、車幅感覚が無いからキープレフトが出来ないのだろう。でも、そういう連中の免許の運転適性は欠けているように思う。

適性試験で車幅感覚試験を入れて、NGなのは免許剥奪でもした方が良いのでは無いだろうか?
或いは、自動運転技術はキープレフト機能を是非盛り込んで欲しいモノである。

|

« 納車一カ月目のBT1100の今 | トップページ | BTで行くために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キープレフトできないの?:

« 納車一カ月目のBT1100の今 | トップページ | BTで行くために »