« 始動性 | トップページ | 良くも此処迄、、、、 »

2016年11月29日 (火)

フロントバッグ

今は少数派だけど、自転車での荷物積載といえば、やはりフロントバッグが使い易い。
今もフロントバッグは存在するけど、バッグ保持用の専用アタッチメントで宙に浮かせて装着するタイプが殆どで、容量、小物へのアクセス方法も限られているけど、昔ながらのフロントバッグは、容量も比較的大きく、そして小物アクセスに優れたポケットが前後左右に設けられている。そのポケットには、氷砂糖を忍ばせたり、タオルを突っ込んでいたり、走りながら使いたいモノを放り込んでおける優れもの。

昔は、自転車メーカーからアクセサリーとして販売されていたけど、今時は見掛けない。
今、昔ながらのフロントバッグということで入手可能なのは、犬印鞄製作所で発注する分くらいだ。我が家には、犬印の大型バッグ、中型バッグの二種類があるけど、着替え、雨具を入れても余裕で結構便利だ。

ただ、昔ながらのフロントバッグを利用するには、フロントキャリアが必須。更に、ハンドルに密着させないためのフロントバッグサポーターが必要だ。

フロントキャリアを装備することで、フロントホイールの直上という低重心マウントが可能となるわけで、サポーターがあることで、ハンドルポジションの自由度が確保されるのである。

フロントバッグサポーターとフロントキャリア、、、これが装備可能な自転車といえば、ビンテージデザインのスポルティーフ、ランドナーという車型に限られる。
そして、これらのカテゴリーの自転車は少数派、、、、となると、フロントバッグも少ないとなる。

サンデーサイクリングなら、ロードバイクで軽装で走るも良いけど、昔ながらのランドナー等で、フロントバッグに必要な装備を搭載して、のんびり走る、、、、そういうのも悪くない。

ちなみに、フロントバッグは雨天時における股間への雨の侵入を相当防いでくれる。一種のカウリング的な効果も発揮する。使ってみると手放せないアイテムだ。

|

« 始動性 | トップページ | 良くも此処迄、、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロントバッグ:

« 始動性 | トップページ | 良くも此処迄、、、、 »