« どのくらい居るのかな? | トップページ | 純正クォリティ »

2016年11月 6日 (日)

バッテリーホルダートレイ

BT1100、色々欠品してます。
バッテリーカバーが欠品でした。パーツオーダーすると、廃番とのこと。

ということで、製作することにしました。

この部分の素材、、、、PPです。なかなか素材が手に入らないので、取り敢えず、車用の靴入れをホームセンターで購入し、これをアイロンで加熱しながらフラットなプレートに伸ばします。

次に、車体側に組み込みたいトレーを段ボール型紙で製作し、その型紙で展開した形状をPP板状に写します。

その後、バーナーであぶりながら、必要箇所を曲げて製作しました。

ノーマル形状とは曲線部等で違いはありますが、取り敢えず、バッテリーを抑えるトレー形状のカバーが出来ました。

裏側はPPの溶けた跡が美しくありませんが、シートを外した段階での見た目は許容範囲内です。

先日のサイドカバーの欠損樹脂を成型しましたが、はっきり言って、面倒くさい感じです。

この辺りの補修をカバーしてくれるショップがあれば良いのですが、さすがに、こういう作業は畑違いなので、期待すること自体が無理がありそうです。

追記です。

ホルダートレー、取り敢えず出来ていたのですが、もう少し形状的に純正形態に近づけるということで、再製作しました。

初回のモノは、完全に長方形形状で、固定は後方二か所のネジ止め構造でしたが、二作目は長方形+台形形状で、固定は後方二か所のネジ止め+前方二か所のダボという構造です。この固定方法は、パーツリストで覚えていた形状を再現したものです。

なお、機材はバーナー+温度調節機能付きのコテを使いました。折角ワンオフ製作するので、ノーマルトレーよりも容量を確保して、小物の脱落が生じないように、寸法を追いこんで製作しました。

欲を言えば、更に高精度に作ればよいのでしょうが、取り敢えずOKです。

温調コテでは、素材PPの溶融温度、炭化温度を計測して、溶融温度+10℃設定で行いました。通常の半田ゴテでは、溶融しても機材と溶着させるのは難しいですが、温調コテを使えば軽くなでるだけで、基材が溶融して綺麗に接着できます。

ただ、当該部品をどこかで見つければ調達したいですね。

|

« どのくらい居るのかな? | トップページ | 純正クォリティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーホルダートレイ:

« どのくらい居るのかな? | トップページ | 純正クォリティ »