« BT、、、いい加減に、、、 | トップページ | 遂に、終了!@Homepage »

2016年11月10日 (木)

小径車のチェーン外れ

街乗りDAHON、チェーンが稀に脱落する。以前から、その傾向が強かったので色々とトライしているけど、未だ完璧にはなっていない。

フレームはDAHONのスピードP8モデル。前側クランクは四面テーパーのコッタレスクランク、但しWガードを装着している。スパイダーアームの内側(通常のインナーリング位置)にチェーンリングを装着、本来の位置にはガードリング、そして、内側にもスペーサーを介してガードリングが配置されている。つまり、通常のシングルクランクのアウター位置にチェーンリングがあるのではなく、ダブルクランクのインナーポジションにチェーンリングが配置されている。

後ろはインテゴハブに9速カセットを装着しているのだが、カセットトップポジションにある時、チェーンリングがアウター側に脱落しようとする。結果、チェーンリングとガードリングの間にチェーンが挟まるということ。

この対策に、BBの軸長を伸ばしてトリプル用の軸棒に交換しているけど、未だにギャップの在る路面を走行すると脱落する事がある。

トリプル用のBBだとしても、位置的には外から二枚目の位置、ダブル用BBのアウター位置だ。もう少し外側に配置出来れば脱落は防止出来る筈だが、、、今のクランクを使っている限りでは厳しい感じ。

ダブルガード仕様のクランクを使わなければ対応可能だけど、ガードは欲しいので、何か良い方法を検討中。
昔のデュラエースのクランクで、チェーンリングの外側にガードが取り付けられるタイプのチェーンリングを持っているので、その内、付け替えて見ようと思う。

|

« BT、、、いい加減に、、、 | トップページ | 遂に、終了!@Homepage »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小径車のチェーン外れ:

« BT、、、いい加減に、、、 | トップページ | 遂に、終了!@Homepage »