« 質感 | トップページ | 抜くか?待つか? »

2016年11月18日 (金)

リーマンショックが無かったら、、、

先日、自動車雑誌のベストカーを久々に購入したら、興味深い記事が、、、それは、リーマンショックが無かったら、、、って話。

トヨタなら、レクサスのトップレンジにV12+ハイブリッドのモデルが登場したとか、ホンダならFRのV10スポーツ、S2000後継モデル、ニッサンならシルビア後継FR、マツダなら鏑やRX-7後継機が登場したかも知れないなんて話。

因みに、リーマンショックは2008年に発生、影響が出たのは2009年の事だ。
何故に、リーマンショックって話に反応したのか?といえば、最近調達したBTがリーマンショックの影響で云々という話を聞いたおり、軽く聞き流して、リーマンショックってそんな時期だったかな?と思っていたのだけど、ベストカーを読んでいるとリーマンショックは2008~2009年ということ。BT自体が販売されていたのは2002~2006年で、一寸引っ掛かっていたのが原因。

まぁ、リーマンショック云々、単車の開発に影響が云々っていうのは、どうでも良い事だが、そんなリーマンショックは、ベストカーで記事にされていたように四輪では登場する予定の多くのモデルが中断されたそうだ。

因みに、2008年頃ってどんな時代?っていうと、ロードバイクブームが隆盛を極め始めた時代だ。持てはやされたロードバイクといえば、数十万円以上の高価格なモデルで、少なくとも、このジャンルにおいてはリーマンショックの影響が大きい印象は無い。
単車で2008年~2009年というと、、、販売台数が一時的に落ち込んでいた時代であるけど、その時代の落ち込み以前に、大きな低迷期の中の小さな溝的な落ち込みであり、リーマンショック自体が業界に与えるという印象ではなく、そもそも不景気という状況。寧ろ、長期不況から脱却するための模索が行われており、アクティブな印象の方が強い。因みに、カワサキのNinja250Rが登場したのが、この時期だ。

リーマンショック、、、、大きな不景気の原因だったのだろうけど、昔のバブル崩壊の時ほどのインパクトは感じなかった、、、、そういう印象だ。

|

« 質感 | トップページ | 抜くか?待つか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーマンショックが無かったら、、、:

« 質感 | トップページ | 抜くか?待つか? »