« オバチャンを威圧するアホエルグランド、ドラレコ、変えよう、、 | トップページ | ひろしま満点ママ »

2016年11月13日 (日)

近距離走行でも、、、

極細高圧タイヤの自転車、近距離装備でもスペアチューブ、インフレーターの装備は必須だ。これが無いと対応出来なくなる場合もある。実用自転車なら必須とは言えないかも知れないが、スポーツサイクルでは必須である。
実用自転車でも、取り敢えず、インフレーターとパンク修理セットくらいは在った方が良いかも知れない。

まぁ、実用用途に高圧タイヤの自転車を使うならスペアチューブ、インフレーターは必須だ。

自転車のタイヤ、単車、車に較べると高圧。そしてエアボリュームが小さい、、、一寸抜けただけでパンクの元となる。エア管理が結構重要。

そういう意味では、街乗り自転車では、エアボリュームの大きい低圧タイヤを履いたファットバイクみたいなのがホントはベストかもしれない。

低抵抗、軽量を求める程、、、、トラブルリスクが高くなる。結果的に、チョイ乗りでも相応の装備が必要、、、結果的に重くなる、、、となると、近距離走行で、競技用の極細高圧タイヤの自転車に乗るというのは、一寸矛盾を抱えているような気もする。

|

« オバチャンを威圧するアホエルグランド、ドラレコ、変えよう、、 | トップページ | ひろしま満点ママ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近距離走行でも、、、:

« オバチャンを威圧するアホエルグランド、ドラレコ、変えよう、、 | トップページ | ひろしま満点ママ »