« 作業を見るのが好きな理由は? | トップページ | 凝り、解消 »

2017年3月12日 (日)

DHバーのエルボーパッド交換

ピストに装着しているDHバーの肘当てパッド、表面の布がめくれてしまったので、交換。これまでのは両面テープで固定するタイプだったけど、ショップで入手したのは、バンドで縛るタイプ。パッドベースの形状が違うので一寸不便だけど、何とか固定できたので良しとしましょう。

興味深いのは、パッドは大抵左のパッドが先に痛む。そして、DHバーのグリップの劣化は右のグリップが先に痛む。左右対称ではないのだ。

これ、恐らく体が左右非対称で癖があるのだろう。

実際、スポーツドクターの担当医の診断を受けると、左右で筋肉量に違いがあるとの指摘を受けている。

左右が同じになるように意識しているけど、未だ解消せず。

そして、こんな感じで左右の違いに気付かされる事もある訳だ。

|

« 作業を見るのが好きな理由は? | トップページ | 凝り、解消 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DHバーのエルボーパッド交換:

« 作業を見るのが好きな理由は? | トップページ | 凝り、解消 »