« 700Cでもエア管理 | トップページ | 歯磨きは大事 »

2017年3月24日 (金)

事前審査、復活すべきのような、、、

昔々の自動二輪の中型限定を解除する限定解除試験には、試験を受ける前段に事前審査という審査が行われていた。
記憶によると、倒れたバイクを引き起こして、八の字押し歩き、そしてセンタースタンドを掛ける事が出来るかどうかのチェックだ。
これが出来ないと試験を受ける事が出来ない、、、、広島だと観音の試験場で、そういうのが行われていた記憶がある。
大昔、受験前には、燃料タンクに砂が入っているとか、色んな噂が飛び交う程だったように思う。実際には単車自体にはサイドバンパーが装着されており、倒れた状態から引き起こすにしても、差程大変というものではないのだが、当時の限定解除の難易度から言えば、この事前審査自体も未体験の人から見れば、恐れるに値する審査だ。

因みに、当時の試験車両といえば、Z750Four、CB750Fourと行ったモデルで、乾燥重量で246kgとか、235kgとか、そんな重量級のモデルだ。油脂類装備の装備重量にすれば、260~270kg級の車体であり、今の大型車に較べれば圧倒的に大きく重たいモデルだ。この事前審査では、一度、空気圧低めで、物凄く押し歩きが重い思いを経験したのを覚えている。

因みに、当時の限定解除の合格率は、3%以下と言われる事もあり、受験回数は10~20回というのはザラだった筈。

こんな話は、もう20年以上前の話で誰も知らない話だけど、先日、こういう難しさ、事前審査っていうのは必要と思う事があった。
それは、ゼファーの750だから、昔で言えば400ccに毛が生えた程度の車格だけど、これを転かして起こす事が出来ず苦労している人の姿を見たから、、、、正直、道路の真ん中で単車を転かして、どうにもならない、、、というのは、物凄い迷惑な話だ。

実際、単車を駐輪場に入庫したり出庫したりする場合、狭い場所での押し歩き、逆勾配での押し歩きの場面も無い訳ではない。となると、今の教習にも、せめて事前審査的なチェックが必要なような気がする。

普通に押し歩きが出来ない人、転けたら起こせない人、実は結構居そう。最近は中高年ライダーも少なく無いけど、彼らは、起こせるのか?という気もする。

|

« 700Cでもエア管理 | トップページ | 歯磨きは大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事前審査、復活すべきのような、、、:

« 700Cでもエア管理 | トップページ | 歯磨きは大事 »