« 普通?神経質? | トップページ | クレーム判断基準 »

2017年3月 4日 (土)

CXとガンマのフロントフォーク

このフロントフォーク、ダストカバーは最近劣化傾向だけど、オイルシールからの漏れは無しで、フロントフォークの錆び等も全く発生していない。

因みに、CXのフロントフォークは2003年、ガンマのフォークは1997年に、今は亡き友人の営むショップでOHしてもらったものだ。途中、定期的にフォークオイルの交換は行ってきたけど、シール類は基本何も弄っていない。

元の錆びを取って、下地を仕上げて再メッキを施工、そしてメッキ後に丹念な磨き仕上げをして貰ったモノである。

CXでは14年が経過、ガンマでの20年が経過しているけど、小錆び一つ浮いていないし、漏れる兆候は一切無しだ。友人が亡くなったのが2005年、既に12年も前の話だが、彼の仕事ぶりには、こうやって未だに感激させられる。

フロントフォークのオイルシールだけど、純正フォークのメッキは、やっぱり強くないので、長く乗るモデルのフォークのメッキは、再メッキしたいところだけど、友人が亡くなって以来、御願い出来るところが無いのが残念なところ。

|

« 普通?神経質? | トップページ | クレーム判断基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CXとガンマのフロントフォーク:

« 普通?神経質? | トップページ | クレーム判断基準 »