« フォーク交換検討中 | トップページ | 機械式メーター »

2017年3月30日 (木)

後方確認のためにバックミラーを!

自転車で車道を走行する場合、歩道から車道に出たり、車道走行中に駐車車両を除けるために進路を少しずらす場合、必ず必要なのが後方確認である。自転車の場合、他の車両に較べると、絶対的に速度が低いので、追い越されるのが前提だから、この後方確認は、とても重要である。

しかし、車道走行頻度が高い速度の出るスポーツサイクル程、後方確認は難しい。
ドロップハンドル等に前傾姿勢の自転車では、相当に大きく振り向かないと後方を確認する事は難しい。そして、そんなタイヤの細いスポーツサイクルは、後方確認のために上体を大きく捻るだけで、車体の安定性が損なわれる。

そう考えると、不格好かもしれないが、車道走行比率が大きい前傾姿勢の大きなドロップハンドルのスポーツサイクルには後方確認用のバックミラーは必須装備のように見える。

実際、自転車以外の公道走行車両はバックミラーは必須装備である。原付でも必要なのだ。

そう考えると、追い越される事しかない自転車こそ、バックミラーは必須装備にしても良いような気がする。
見た目的に、カッコイイのはないけど、スマートで視野が十分確保出来るようなミラーは必要だろう。

同じ自転車でも走行速度の低い、アップライトなポジションの自転車は、後方確認はドロップハンドルのロードバイクのように難しくもないし、安定を失う事は無いけど、運転者層の幅広さを考えると、バックミラーがあって危険が増すようなものでもない。

総合的に考えると、後方確認の習慣を定着させるためにも、バックミラー装着を義務付けるのも良いかも知れない(そうは言っても、自分も未だ未装備だけど、、、)。

|

« フォーク交換検討中 | トップページ | 機械式メーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後方確認のためにバックミラーを!:

« フォーク交換検討中 | トップページ | 機械式メーター »