« その後のバッテリー | トップページ | 分解の切っ掛けは? »

2017年3月22日 (水)

簡単、シート留め

単車、自転車のカバーに難燃ビニールシートとかブルーシートを使っている。カバーといえば、専用のカバーが最も密閉性にも優れるけど、如何せん、被したり、外したり、、、これが面倒臭い。
複数台に掛ける時、一台ずつカバーを掛けるのは、とても面倒臭いのだ。

で、今は複数台、或いは、狭い場所に駐輪する一台には、ブルーシートを使っている。

これは以前紹介したけど、このブルーシートを車体に掛けるのに良いのが、ブルーシート端部のハト目を利用。この穴にウエイトをぶら下げて覆い被せると、非常に脱着が楽珍で、飛ばされるリスクも少ない。洗濯ばさみのようなモノで挟むのは面倒臭い。因みに、ウエイトでお奨めなのは、ホームセンターで売っているゴム板だ。これに穴を開けて紐で繋ぐのがお奨め。手の届きにくい側にもゴム板ウエイトを放り込むのでOKだ。ゴム板なら車体に傷が付く心配も無いのでお奨め。

因みに、ガレージの形態によっては猫等動物の侵入が危惧されるけど、猫除けの尖った網でも轢いておけば、割と効果的。本当はメタルネットに有刺鉄線でも巻きたいところだけど、下手すれば自分が怪我するし、無用な傷を付けかねないので、見送り中だ。

|

« その後のバッテリー | トップページ | 分解の切っ掛けは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単、シート留め:

« その後のバッテリー | トップページ | 分解の切っ掛けは? »