« ニュータイヤ | トップページ | 旧車の価格 »

2017年4月 5日 (水)

スリット側溝

最近の道路の側溝で、雨水の流水路が極めてタイトになっているタイプの商品名、初めて知った。
それは、表題の『スリット側溝』だそうだ。

偶然、昼休みの自転車散歩中、道路改良工事を行っている場所で、その側溝を設置する工事する場面に出会したのだけど、そのパッケージに『スリット側溝』とプリントしていいるのを見て納得。
更に、この側溝の構造も初めて見た。
当初、通常の側溝の上部に蓋してあるだけと思っていたけど、基本は環状構造でトップにスリットが細く入っている一体構造のようだ。

因みに、このスリット側溝の流水路の幅は極めてタイトで、細いタイヤの自転車でも安心して跨げる。更に、一体構造故に、上面の平坦度も優れており、その上を自転車で走行しても怖くないのが有り難い。

既存の道路の側溝を全て置き換えて、その部分を含めて自転車走行帯を整備してくれたら、とても助かるし嬉しい。アスファルトの路肩部分は変形が著しく自転車走行には不適だけど、狭くても、スリット側溝の上面はフラットなんで自転車走行しても怖くない。

開放型の側溝、グレーチング蓋の側溝部は怖いので走れない。こういう側溝を整備して道路の有効幅を拡げる事が出来れば、自転車の安全性が高まる筈だ。

|

« ニュータイヤ | トップページ | 旧車の価格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリット側溝:

« ニュータイヤ | トップページ | 旧車の価格 »