« ブレーキワイヤーの取り回し | トップページ | 寄せられないなら、、、 »

2017年4月 8日 (土)

LEDテールライト

車のテールライト、LEDを採用したものが増えてきたけど、LEDテールが全て見やすいか?というと、被視認性的には通常の電球のモノより悪化しているものも少なく無い。

今時のチューブLEDを用いた純正ランプアッシーは被視認性は悪くない。

しかし、一寸前の点光源のLEDを並べたランプは、真後ろでは確認出来るけど、一寸斜めになったりすると、明るさが一気に失われて付いているのかどうかが判らない感じ。特に、LED球が取り付けてあるパネルがメッキ調の場合、日中は点灯状態自体も確認出来ない。こういうのは、サードパーティの後付けテールランプに多い。車種で言えば、ハイエース、先代プリウスの後付けテールランプの被視認性は最悪である。

なお、被視認性的には、現行モデルのチューブLEDを採用したモノも問題ないけど、テールランプとして、線状の光源が適切か?といえば、あまり適切でないような気がする。今時のBMW、メルセデス、アウディ、現行のプリウスのテールとか、、、デザインに凝りすぎて尾灯という印象を持てない。

尾灯というのは、点いていれば良いのではなく、光源として面積を確保するような規定が有った方が良いように感じる。

線状光源でOKというと、、、、デイタイムランニングライトくらいのような気がする。

もしくは、、、、リアにもデイタイムランニングライトくらいのような装備がOKなら、その辺りに留めるべきのように思う。

テールランプは従来式の電球を用いたモノの方が被視認性的にも優れて適しているのではないだろうか?

|

« ブレーキワイヤーの取り回し | トップページ | 寄せられないなら、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEDテールライト:

« ブレーキワイヤーの取り回し | トップページ | 寄せられないなら、、、 »