« ロードとスポルティーフの中間的な、、、 | トップページ | 車幅灯と保安基準 »

2017年4月14日 (金)

理想のフロントキャリア

さて、先記事で紹介したような自転車は、我が家では伝統的に一台キープしてある。
初期はBSのテーラーメードのロードフレームを使っていたけど、今は、オールメッキのクロモリフレームを使っている。
それに、先記事のような構成で車体を作っているけど、今一しっくり来ないのがフロントキャリアである。

クロモリフォーク故に、キャリアの装着自体は問題無いけど、今一美しくないのだ。

それは、、、汎用の日東のM18パイプキャリアを使っているけど、形、構造が今一だ。
そもそも、フレキシブルに取り付け可能故に、構成にネジが多すぎるのが気に入らない。
更に、、、、キャリアを支えるステーがフォークにバンド留めというのも気に入らない。
他には、キャリアをブレーキピポットからステーで固定するけど、このステーが弱く、荷物を載せて走行すると振動で湾曲するのも今一である。

自分の思いとしては、フォークにバンドで固定出来ないのなら、シンプルにアクスルシャフトにストレートに降ろす構造の方が望ましいのだ。それを極力シンプルなパイプワークで実現するようなキャリアが理想である。

こんなキャリアが残念ながらラインナップされていない。

基本、ロードでサイクリングという目的の自転車故に、スポルティーフ程のフロントバッグを載せるつもりもない。ちっちゃいポンチョ、それから工具、チョットした土産が入れられれば良いのだ。簡単なパイプワークなら自作も可能かもしれない。メッキが面倒だから、ステンレスパイプを曲げて、ステーをロー付けで作るのが良いかも知れない。

ステンレスパイプのロー付け工作は得意種目である。

この実用ロードのキャリアを少し気合いを入れて良いモノにしていきたい。

|

« ロードとスポルティーフの中間的な、、、 | トップページ | 車幅灯と保安基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/64948686

この記事へのトラックバック一覧です: 理想のフロントキャリア:

« ロードとスポルティーフの中間的な、、、 | トップページ | 車幅灯と保安基準 »