« 体調悪化 | トップページ | サスペンションストローク »

2017年4月26日 (水)

歩道内での自転車の離合

車道を走る時、路側帯、車道外側帯関係無しに、左側通行と決まっている。
それ故に、車道で自転車と対面接近すると言うことは殆ど無い。

しかし、歩道内通行時は対面自転車と接近する事は少なく無い。
歩道内を走る時、自転車は歩道内の車道側を走るのが原則である。

ただ、一般に歩道というと幅員で2m未満である。そこで、自転車が通行する車道側のエリアというと、非常に狭い。そんな歩道は、自転車が対面遭遇する事が少なく無い。

そんなとき、どっちに避けるか?が迷うところ。基本、対面遭遇したら左に避けるのが基本だと思うけど、なかなか上手い具合に離合という風に行かない。避けた方向に衝突するように避けて接近という事が少なく無い。これって、結構危険である。

ホントは、歩道内を走行する自転車も一方通行というのが理想だけど、現実問題、それは難しい。となると、接近した離合が考えられる歩道での離合方向の認知は重要だ。
離合の際には、どっちに待避するか?というのは、明確に認知されるようにした方が安全なような気がする。

|

« 体調悪化 | トップページ | サスペンションストローク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩道内での自転車の離合:

« 体調悪化 | トップページ | サスペンションストローク »