« 幼さの見抜き方 | トップページ | ステム交換しました。 »

2017年4月19日 (水)

グリップの向き

以前、HPにも記載したことがあるけど、自転車のハンドルグリップは、その向きが結構重要である。
操作性を重視したら横方向のグリップを横握りするのがベストで、動力を生み出す駆動力を重視したら縦方向のグリップを縦握りするのがベストだ。

このグリップの向きによって脇が締まるか開くかに関わってくる。上体の力を効率的に使うには、脇がしまった状態で腕が引けるのが大事である。
自転車に限らないけど、上腕を効率的に使うには脇を締めるというのは結構重要である。ただ、力を入れる行為と、微調整する行為は別物であり、バランスを取るのを重視する場合は、脇を開いて腕を動かす自由度を確保するのが有効である。

実際、駆動力重視の自転車では縦握り、バランス重視の自転車、例えばMTB、BMX、BTRといった車両では横握りが基本である。

世の中のママチャリは?というと、どちらかというと横握り主体だけど、電動アシストに頼らず、高齢者向けの自転車を作っていく場合、先記事で示したクランクフォワード気味のポジションで、ショートクランクで踵踏みの自転車をデザインする場合、ハンドルも力が入れやすい縦握りの操縦桿のようなハンドルが適しているかもしれない。

まぁ、走る空間によってバランスの取りやすさも大事であり、そういう意味では、マルチポジションバーなんかが良さそう。

先日、DAHONベースのクランクフォワード自転車のハンドルにマルチポジションバーを装着したものを引っ張り出して漕いでみたけど、スピードを求めなければ結構快適に走る事が出来るけど、この快適さは、もしかしたらハンドルの効果もあるのかな?と思い、こんな記事が出来た次第である。

|

« 幼さの見抜き方 | トップページ | ステム交換しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリップの向き:

« 幼さの見抜き方 | トップページ | ステム交換しました。 »