« 非力 | トップページ | ロードとスポルティーフの中間的な、、、 »

2017年4月13日 (木)

ピストでヒルクライム

週末の定例コースの締めで行うヒルクライム。距離で800m程、これで標高100mを駆け上がる。この所要時間は毎回計測している。

最初の頃は4分チョイだったけど、最近は3分台が多い。ただ、コンディションが良い時、或いは、何かに追い掛けられた時等は2分台に突入することもある。ただ、2分台で走ったのは、過去に3回だけだったような記憶がある。

因みに、2分台で走るとなると、12%斜度をピストで15km/h以上で登坂することになるのだ。勿論、きついけど、重さ自体はゆっくり走る時よりも感じない。登坂においてホイールの慣性を利用して失速分をペダリングで補うような感覚である。

ホイールの回転が止まって、ペダリング毎に回す時の方が大きな力が必要な印象。

ギアの選択肢を絞ってヒルクライムを行うと、身体の使い方を工夫するようになるので、結構お奨めだ。

|

« 非力 | トップページ | ロードとスポルティーフの中間的な、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/64947652

この記事へのトラックバック一覧です: ピストでヒルクライム:

« 非力 | トップページ | ロードとスポルティーフの中間的な、、、 »