« CXとBT | トップページ | 肩甲骨の内側の痛み »

2017年5月 8日 (月)

アクセルリリース?

以前、ハイチューンドの大排気量のスポーツシングルの走り方で、減速時におけるアクセルクローズをアクセルグリップから手を離してスプリングリターンでスロットルを閉じて素早く減速するのがコツという風な話を聞いて、これが頭から離れないでいた。

これ、自身にとっては強烈な違和感である。そもそも、アクセル開度から考えると、コーナーリングアプローチの段階におけるアクセル開度が全開に為っていたとしても、全閉にするためにグリップから手を離すという操作の意図が見えないからだ。アプローチ段階においては、ブレーキング操作が在るはずだけど、アクセルグリップから手を離す行為はブレーキングを行う事が不可能という意味であり、どうにも理解出来ない。
更に、ハイコンプのスポーツシングルでスプリングリターンで一気にアクセルクローズを行うと、強烈なエンブレと軽量な車体で発生するであろうリアタイヤのブレークを如何に対処するか?というのが全く見えないからである。

仮に、フロントブレーキを掛けず、急激なアクセルクローズでリアのブレークを避けるとなると、クラッチを切るしか方法はないけど、ブレーキ無しでクラッチを切ると減速自体が有り得ない。

こんな話は、どう考えても自身の知識では理解不能なのである。急激なアクセルクローズが通用する(といってもグリップから手を離す事は有り得ないけど)のは、エンブレが掛からない2ストロークのようなモデル、或いは、ローコンプの穏やかなエンジン特性のモデルしかイメージ出来ないのである。

そこで、手持ちの機材で、そこそこのペースからコーナーリングアプローチの段階で、グリップから手を離すような操作を試みるも、正直、そういう走り方でペースを作る事は不可能である。

自身が出来ないだけかも知れないが、誰か、コーナリングアプローチでグリップから手を離して減速してカットインする方法があれば教えて欲しいものである。

我が家ではツインのハイコンプのモデルがあるけど、スムーズに走るには、エンブレを如何に殺すかに苦労している。ブレーキングに伴うシフトダウン、そこでのクラッチの前後軸のシンクロに最大限の留意をしたブリッピング操作とクラッチミートこそ鍵という風に考えている。アクセルから手を離す時点で、このような操作が全て出来なくなる訳で、そんな理屈で速くなるのは、やはり試してみても実現不可能、、、、、

でも、こういう方法を説いてくる人がいるのは、そういう走り方があるのだろうか?

凄く、疑問だ。ここ最近で感じた最も大きな疑問だ。

|

« CXとBT | トップページ | 肩甲骨の内側の痛み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセルリリース?:

« CXとBT | トップページ | 肩甲骨の内側の痛み »