« 左右のズレ | トップページ | 踏み幅よりも »

2017年5月14日 (日)

肩の強打の古傷、その後

肩、腕、肩甲骨、、、、色んな所に痛みが分散して、何が痛みの原因か?サッパリ判らない状態が続いていた。昨年末には、首が回らなくなり、首コリ、肩コリも慢性的に感じる状態で、非常に不快な状態となっていたのだが、、、

昨年末以降、首、肩を大きく回すストレッチを繰り返していると、違和感は残るけど、首がしっかり回って振り返る事も出来るよう担ってきた。

更に、肩甲骨を剥がすようなダイナミックストレッチを毎日頻繁に行っていると、肩、腕の痛みが消えて、肩甲骨の局部だけが痛む状態に為っている。

この状態は、その局部が相当に痛むのだけど、不思議なモノで、その痛みがずっと続くか?というと、そうではない。肩甲骨ストレッチを続けると、痛みが少しずつ緩和している感じである。

原因は不明。整体、整形外科に行ってもダメ、、、結局、ストレッチで稼働させる事を続けているだけだけど、症状が昨年までと明らかに変化しているので、今後、一寸期待している。

ただ、不思議なことに、ベンチプレス、ダンベルフライと言ったハードな筋トレで発揮する力は左右共に差異は無し。力はバリバリ入るのだ。

なんとか直したいものである。

|

« 左右のズレ | トップページ | 踏み幅よりも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/65052290

この記事へのトラックバック一覧です: 肩の強打の古傷、その後:

« 左右のズレ | トップページ | 踏み幅よりも »