« 肩の強打の古傷、その後 | トップページ | 体力 »

2017年5月15日 (月)

踏み幅よりも

といえば、Qファクター。これが狭い程、良いと通説的に言われている。
一方でペダルスペーサーキットなるモノも売られており、意図的にQファクターを拡げるキットも存在する。
まぁ、一般的にはQファクターは狭い程良いと言われているけど、自身の考え的には、Qファクターにそれ程神経質にはなっていない。

普通に考えれば、脚のストローク運動であり、両脚股関節の幅は、ペダルの踏むポイントの左右の幅に一致するのがベストという風に考えられる。
そして、自身の考えとしては、Qファクター自体よりも、足の向きのような気がする。
足の向きは基本的に進行方向に向けて真っ直ぐだけど、何を基準に真っ直ぐか?と言えば、つま先の向きによって微妙に変化する膝の向きで、膝が真っ直ぐ上下するのに最も抵抗の少なくなるような爪先の向きという考え方。

膝小僧が真っ直ぐ上下にストロークするのに抵抗の少ない爪先の向きを配慮するのが一番重要なような気がする。膝の向きは、実は爪先の向きに連動するのだ。爪先を内側に向けると、膝も内向きになる。がに股だと膝も外向きになる。ただ、爪先の向きと膝の向きは完全に一致していないので、膝向きが真っ直ぐとなるような爪先の向きを定める事に注意している。

当然、Qファクターが違ってくれば、それに応じて爪先の向きも変わってくる。

自分の場合、Qファクター単品に拘るのではなく、自転車によって膝ストロークが真っ直ぐとなるような爪先の向きを注意している。

|

« 肩の強打の古傷、その後 | トップページ | 体力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/65056067

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み幅よりも:

« 肩の強打の古傷、その後 | トップページ | 体力 »