« 品無いし、、、 | トップページ | 重心位置と踏む位置 »

2017年5月23日 (火)

自転車携行品

ロードとかピストで出掛ける時の携行品は?
というと、パンクというのは想定すべき事態なので、スペアチューブは最低2本、パッチセット、携帯タイヤレバー、そしてインフレーターは必須装備である。
それ以外は?というと、スペアスポークを最低2本、ニップル回し、マルチツールも必須装備である。それに加え、簡易ワイヤー錠も携行する。これが最低装備品である。
あとは、トーストラップ一本も適当な所に巻き付けている。
以上の装備は、サドルバッグ+フレームバッグで収納可能。

郊外より遠くに出掛けるサイクリングの場合は、雨具、タオル、簡単な補給食を追加するけど、この場合は、フロントバッグのような相応の容積のバッグが必要となる。

但し、太い低圧タイヤの一般自転車、折り畳み自転車の場合は、パンクリスクは極めて低いので、そういう装備は持ち歩かない。実際、一般自転車に乗っていて街中でパンクという事に遭遇したことは一度もない。

街中+折り畳み自転車でトラブル、、、、そういう場合は、最悪、タクシーで帰宅しても問題無いと考えている。

|

« 品無いし、、、 | トップページ | 重心位置と踏む位置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車携行品:

« 品無いし、、、 | トップページ | 重心位置と踏む位置 »