« 接点清掃 | トップページ | 経年劣化に弱いのは? »

2017年5月30日 (火)

キャリアの材質

自転車キャリアの材質、定番といえばスチールのムク棒。最近は、樹脂成型品、アルミのムク棒も少なく無い。

しかし、80年代以前のキャリアといえばパイプキャリアというのが定番だった。

今でも、軽快車等で太いフレームワークを持つキャリアではパイプを使っているけど、昔は6~8mmの細いフレームワークのキャリアでもパイプ製のモノが多くあった。

このパイプ製キャリアは、ライトの配線を内蔵できたりするので見た目も綺麗に仕上げる事が出来る。

更に、パイプ製キャリアの利点は、頑丈且つ軽量というのが最大の美点。特に、軽さは驚くレベルである。

今でも、探せばパイプキャリアは汎用品であるようだけど、スポーツサイクルにも目立たず装着できるようなコンパクトサイズで、メッキ仕上げしたようなキャリアが登場してくれれば嬉しい。

|

« 接点清掃 | トップページ | 経年劣化に弱いのは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャリアの材質:

« 接点清掃 | トップページ | 経年劣化に弱いのは? »