« 踏み幅よりも | トップページ | ウォーミングアップ »

2017年5月15日 (月)

体力

二輪の重量車で一番恐ろしいのが、極低速での突然のエンジンストール。原因は色々だ。暖気不良で回転が落ち着いていない時の低速走行中における一時停止、再発進といった状況。特に、一時停止からの右左折の瞬間で低速からのクラッチミートの瞬間でのエンジンストールというのが厄介。
このストールは、マルチエンジンよりもツイン、シングルといったエンジンの方が発生しやすい。腰高で大きなツインエンジン車では特に注意が必要だ。
ライダーの意識としては、発進体勢にある。それで、ターンインに向けてバンクさせようとしている時にエンジンストールすると、車体を起こす力を失うので、その状態から一気に倒れ込もうとする訳だ。

そんな時に頼りになるのは、なんといっても体力、筋力である。

自身、CX、BTでも経験があるけど、体力が無ければ転かせてしまうような状況で、ヒヤッとしたことは何度かある。

こういう事態を避けるには、やはりエンジン回転が落ち着く程度の暖気は必要と言うこと。

それから、やはり万が一の事態で、単車を支える体力、、、これは必要。

|

« 踏み幅よりも | トップページ | ウォーミングアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/65059966

この記事へのトラックバック一覧です: 体力:

« 踏み幅よりも | トップページ | ウォーミングアップ »