« 実用性重視 | トップページ | パンクでチューブ交換 »

2017年5月22日 (月)

ST_M13FQBL

本日、リビングのPCが起動時にSATAエラーとBIOS表示されて、Push F1 Resumeとなる。
で、起動してみると、三つ接続したドライブの内、一つがデバイスマネージャーで、ST_M13FQBL ATA Device、容量は4GBと表示されている。本来はSEAGATEの1TBの筈、、、、、ただ、このドライブはPowerXのスタンバイディスクのバックアップドライブだから実害は無い、、、、

何回か起動を繰り返すも症状は改善せず。

ただ、、、このドライブ、使用頻度は高くない。そして、エラー音等の予兆は無かったのだが、、、、

で、一度、ドライブを外して接点清掃して再度再起動を試みると、、、、普通にエラーも検出せずに普通に起動。起動後、ドライブチェックログを確認するも、取り敢えず、異常はナシ。

一応、スペアの1TBのドライブを購入したけど、取り敢えず、様子見、、、、

このマシン、十年前に組んだi7マシン。先日、ブートドライブのHDDを入れ替えたけど、バックアップドライブとデータドライブは昔のままである。近いうち、HDDを入れ替えたい。

|

« 実用性重視 | トップページ | パンクでチューブ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ST_M13FQBL:

« 実用性重視 | トップページ | パンクでチューブ交換 »