« 作ろうか? | トップページ | バイクにもアクセサリー »

2017年6月 3日 (土)

相変わらずライザップ

ライザップ前後の比較映像のCMが大きなインパクトを与えてきたけど、その勢いは未だに留まるところをしらないようだ。

最近では女性芸人のエド・ハルミさんのCMが、かなりのインパクトである。
エド・ハルミさんの場合、体脂肪率36.7%の63.3kgから17.7%の45kgに原料したとのこと。

因みに、スタンダードなコースが二ヶ月で16回、これで合計348,000円とのこと。
これにはミネラルウォーターは入っているそうだ。
これを60回払いで月々1万円(実質年率19.8%)で行えるそうだ。

ライザップの実績というのは2ヶ月でトレーニングと食事指導というのが基本。二ヶ月の食事指導で体重を大幅に落としているのが特徴。受講成功者の体重、体脂肪率の変化をみると、体脂肪率の減少率に相当する重量以上に体重が落ちているのが特徴である。体脂肪率減による脂肪減量の大凡1.3倍の体重減となっている様子である。受講前後での筋量の変化は極僅かなのが画像から確認できるので、大幅な体重減は、食事制限による脂肪減効果が一番のようである。

自身の運動による体重減の際には、市販の体組成計でも、体脂肪率減による脂肪減量と体重減量は殆ど同じだったので、脂肪減量の1.3倍もの体重減というのは、聞いていて違和感を感じるところ。
ライザップ前後の画像を比較すると、もしかしたら筋肉量自体も落ちているのか?という風に見えないこともない。

管理された食事と筋トレで1年間に増やすことが出来る筋肉量は1~2kg程度とも言われている。一ヶ月で言えば100g前後が精々である。大幅な体重減を行えば、筋肉も失われるというのが一般的な考え方である。

ただ、筋肉量が実質的に減少しても、見た目は増えたように見せることは可能である。脂肪を極度に落とせば、筋肉の形状が浮き上がるので、小さな起伏も目に見えるために筋肉が増えたように見えるのである。

恐らく、ライザップメソッドで言うところの、筋トレ+食事管理で筋量アップという話しだけど、2ヶ月如きでは実質的には筋肉は付いていないと考えるのが普通であり、脂肪減により筋肉の形が見えやすくなっている。そして、各部の筋肉をバンプアップして膨らませる筋トレを身に付けさせることで、一見、筋肉が増えたかのように見えるように演出していると考えるのが自然な気もする。

個人的には、ライザップという方法で二ヶ月で30万円以上支払うというのは、やはり考えられないというのが率直な感想である。

|

« 作ろうか? | トップページ | バイクにもアクセサリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずライザップ:

« 作ろうか? | トップページ | バイクにもアクセサリー »