« タイヤ交換 | トップページ | K300GP »

2017年6月12日 (月)

超軽量!パイプキャリア

自転車のキャリア材といえば、鉄のムク棒、アルミのムク棒、鉄パイプの3種類だ。
アルミは比重でいえば、鉄の1/3、鉄パイプの場合は、パイプ厚は0.5~0.8mm程度で、ムク材の断面がφ8なら50mm2、パイプで肉厚が0.5mmなら12mm2程度だからアルミのムク棒よりも更に軽量である。

キャリアのフレームワークを考えると、取り付けの自由度を確保するために、スライド調整部、或いは、ステーをボルトナットで組み立てる組み立て式もあるけど、軽くて済むのは、ボルト、リベット、ジョイントは極力使用しない形。そして、フレームワークも極力シンプルなものが理想だ。

頑丈さで言えば鉄のムク材だろうけど、強度と重量から言えば、パイプキャリアは非常に優れている。パイプキャリアで、パイプを曲げてフレームを形作るモノがあれば、軽い、強いということでベストだ。

70~80年代のランドナー、スポルティーフに装備するキャリアと言えば、当然、パイプキャリアである。非常に軽量なのだ。

今の時代、軽量キャリアといえば、アルミの汎用キャリア、それから樹脂キャリアが殆どで、パイプキャリアは非常に少ない。

個人的には、パイプキャリアが一番好きだ。

|

« タイヤ交換 | トップページ | K300GP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超軽量!パイプキャリア:

« タイヤ交換 | トップページ | K300GP »