« 絶版車の値付け | トップページ | ダブル?トリプル? »

2017年6月24日 (土)

マツダのフラッグシップは?

23日の新聞では、マツダのエンジンについての開発計画が記事になっていたけど、そんな記事を読んで気になったのは、次期RX-7はどうなってる?って関心だ。

年初の記事によると、マツダは直6エンジンの開発に着手か?という話があったけど、直6となると、それを載せるシャーシは必然的にFRとなる。

そんな直6エンジンは3Lクラスという報道だったけど、3LクラスのFRシャーシというと、ロードスター用を宛うには厳しい、、、、ただ、マツダが3LクラスのモデルのタメにFRシャーシを生み出すには、仮に次世代アテンザ、CX-9用としても割に合わないという印象。
にもかかわらず、直6開発に舵を取るというのは、それを載せるシャーシには別の役割が担わされていると考える方が自然。そんな自然の流れに見えてくるのが、次期RX-7という可能性である。

で、思ったのは、マツダのFRシャーシは思ったより速く開発が進められているのでは?という事。もしかしたら、次期REスポーツのコンセプトモデルであるRX-Visionが登場したのは2015/10である。そんなコンセプトモデルが登場させられるというと、FRパッケージの開発は既に進んでいた可能性もある。

今年のモーターショーでは、次期RX-7のコンセプトモデルの登場も噂されているけど、もしかしたら、次期RX-7は次期アテンザとシャーシをかなりの部分で共用するモデルなのか?と思ったりする。

RX-7といえば、RE専用設計という印象だけど、RX-7の前身であるS124型サバンナRX-3は、レシプロエンジンを搭載するグランドファミリアとボディを共用していたけど、FRプラットフォームの相当な部分で共用化が為されているのかもしれない。

もしかしたら、次期アテンザは、ボディ体系によってはFR化されて、登場が噂されている次期RX-7と兄弟関係にあるバリエーションが存在するのではないだろうか?

まぁ、全てが想像の話。秋になれば、なんらかの形が見えてくるだろう。

|

« 絶版車の値付け | トップページ | ダブル?トリプル? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダのフラッグシップは?:

« 絶版車の値付け | トップページ | ダブル?トリプル? »