« 睡眠時間 | トップページ | フロントバッグ、作るか?買うか? »

2017年6月20日 (火)

F-C307Tの首振り故障

ナショナルの1999年頃の扇風機。非常にお気に入りである。当時としては非常に高価だったけど、デザインは今見てもベストデザイン。何より、駆動モーターが超コンパクトでファンの後の筒が存在しないのだ。そして、首振りノブも存在しないのである。

これ1999年に購入して愛用していたけど、2017年、首振り機能が死んでしまった。
で、これの解体を試みる。

すると、直径45mmほどの首振り用モーターに到達。しかし、、、このモータを固定するM3のネジが死ぬ程固い。普通のドライバーでチャレンジするも不可能、、、、、位置的にインパクトドライバーを使うのもベースフレームが華奢なので厳しそう。

結局、全てを解体してフレームが変形しないように詰め物をした上で、Tハンドルのドライバーを付けて再トライ。すると、、、、一つは外れた。でも、一つは外れずネジの十字溝がやや開き気味、、、で、外れたネジを見ると、、、なんだかネジロック剤らしき痕跡、、、、、ということで、バーナーであぶって見る。そして、ドライバーでトライするもNG、、、、次は、バーナーであぶって、バイスプライヤーでネジ頭を噛み込んで回す、、、、すると、僅かに動く、これを繰り返して取り外す事に成功。

で、モーターを外してみると、なんとハウジングはカシメ構造。

このカシメを外して内部を確認すると、、、、複数の歯車で減速する構造だけど、このモーターピニオン直後の一次減速用プラギアが完全にバラバラ、、、、破片が飛び散っている状況。プラギアが残っていれば、型取りクンで成型再生も考えたけど対処不可能。

で、このモーターを取り外して扇風機を組み立てた次第。

まぁ、駆動モーターのハウジングのカシメも開放している状況だし、ギアも無い。
ギアだけは、もしかしたらラジコンのサーボモーター辺りから取れるかもしれないけど希望は薄い。

モーターは既に廃盤。部品調達も不可能、、、、ということで、やや諦め気味、、、、。

なんとか直したい。まぁ、似たような古い扇風機に遭遇したら解体してチェックしてみたい。部品取りを企んでいる状況だ。

|

« 睡眠時間 | トップページ | フロントバッグ、作るか?買うか? »

コメント

こんばんは!
私も色々モーターを探して、実は、廃品のシャープの除湿器のルーバー駆動モーターが似たような形だったので、これを使って直してみました。
次は、情報を頂いたアマゾンのモーターで修理しようと思います。
有り難う御座いました。
ただ、このモーターの取り付けネジは異様に固かったですね、、、

投稿: 壱源 | 2018年8月 5日 (日) 23時52分

私もナショナルの薄型扇風機が好きで購入。しかし首振りモータの故障で、あきらめて首振り無しで使っていました。ところが最近AC低速モーターが、アマゾンで同じものが1600円ほどで購入でき、一部軸部の加工が入りましたが、付替えに成功。無事首首振りを始めました、なんと今年で27年目になりましたが、見事復活しました。検索して購入してみてください。

投稿: 蘇り大好き | 2018年8月 5日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F-C307Tの首振り故障:

« 睡眠時間 | トップページ | フロントバッグ、作るか?買うか? »