« ヘッドライトチューン、今昔 | トップページ | 何時まで乗れるかな? »

2017年6月28日 (水)

フロントフォーク

自宅のバイクラックには、ロード二台、スポルティーフ二台が吊ってある。ピスト、小径車は床置きだ。

で、吊られた状態を見て、今更ながらに気付いた事、、、、それは、スポルティーフのフロントフォークの湾曲の度合は、エンドに近い細い部分で急激に曲がっているということ。
肩下の部分は比較的ストレートなのだ。

これに対して、ロードのフォークは肩下から滑らかに湾曲しており、エンド近辺で曲率が大きくなると言う事はないのだ。

ジオメトリー的に言えば、曲がりの大きなスポルティーフのフォークは、オフセットが大きくなり、トレイル量は短くなる。一方で、ホイールベースは長くなる。

一般にトレイルが長いと直進安定性が高くなる。ただ、フォークオフセットが大きいので、ロードよりもトレイル量が短くて直進安定性が劣るとは限らない。ロードとスポルティーフの間でヘッド角が違うので、実際のトレール量がどうか?というのは、ジオメトリー全体で見ないと判らない。

ただ、言えるのは、スポルティーフでは、ロードよりもホイールベースが随分と長くなっているのは間違い無い。そして、トークリップ装着時において前輪フェンダーとの干渉という面でツアー車に重要視されるトークリアランスも十分に確保されている。

他に、この先端部が大きく湾曲したフロントフォークの効能は?というと、、、、実は、ざらついたアスファルト路面を走行中にフロントフォークを見ていると良く判るけど、スポルティーフの湾曲したフロントフォークは、結構な振幅で振動しているのだ。この振動の度合は、ロードの真っ直ぐ気味のフォークや、今時のカーボンフォークでは見られない現象である。

スポルティーフにおいて湾曲したフロントフォークが用いられているのは、ジオメトリー云々以上に、路面からの振動を吸収するために用いられている可能性が高い。
我が家にはスポルティーフフレームが3本ある。一つは東叡、一つはユーラシア最終モデル、もう一つが未組み立てで放置状態のアルプスだけど、このフォーク先端での湾曲が最も大きいのが東叡のフレームだ。

東叡のフレームのヘッド角を見ると相当に寝ている。そしてフォークオフセットも非常に大きくなるように大きく湾曲している。トレイル量を十分確保出来る程にヘッド角が寝かせてあり、更にオフセットを作る事でフォークをしなやかに動かす仕様なのかもしれない。

実際、乗ると非常にマイルドな乗り心地だけど、これは、フロント周りのジオメトリー、作り方に起因しているものかもしれない。

東叡車、一度乗るだけで、他との違いは明らかなのだ。

|

« ヘッドライトチューン、今昔 | トップページ | 何時まで乗れるかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロントフォーク:

« ヘッドライトチューン、今昔 | トップページ | 何時まで乗れるかな? »