« サイクリングルート | トップページ | 汎用品、専用品 »

2017年6月14日 (水)

ピスト、チェーン交換しました。

我が家のトレーニングピスト、チェーン交換しました。
最初は、HKKのVERTEXブルーチェーン、次がDIDのレーシングプロ、今回はIZUMIのVスーパータフネスです。
交換時期の判定は、チェーン鳴りが消えなくなったのが理由です。
チェーン鳴りは、軽負荷では聞こえませんが、負荷を掛けてペダリングを行うと判ります。

チェーン交換後は、ヒルクライム等の高負荷ペダリングを行ってもチェーン鳴りは発生しません。イイ感じです。

週末走行で、概ね1.5年間隔で交換しています。週末に100kmですから1ヶ月で400kmの走行です。18ヶ月で交換ということは、7200km毎の交換ということになります。NJS仕様の頑丈なチェーンですが、この距離での交換というのは良いのか悪いのかは解りません。

ただ、街乗りDAHONでは、週五回、一回走行距離が20kmですから最大で週100km、雨天を考慮して平均しても80km程度、月間では400kmですが、交換インターバルは5年です。5年=60ヶ月ですから24000kmということになります。薄歯の9速ですが24000km保っている訳です。

こうして考えると、固定シングルで高負荷というのは、チェーンに大きな負担を掛けているということがよく判ります。

チェーンの交換といえば、延びを計測したり、歯飛びを体験したりと、色々な説がありますが、一番正確なのは、チェーン鳴りかもしれません。後は、チェーンリング側でチェーン浮きが確認された時も一つの目安となります。スプロケ側からの判断は難しいように思います。

|

« サイクリングルート | トップページ | 汎用品、専用品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピスト、チェーン交換しました。:

« サイクリングルート | トップページ | 汎用品、専用品 »