« 中華パーツ | トップページ | 塗装 »

2017年6月15日 (木)

ワイヤーの取り回し

これ、結構重要である。ワイヤーというと、単車のアクセル、クラッチ、自転車のブレーキ、変速を行うために装備されているもの。単車では、これに加えメーターケーブル等にも用いられている。

このワイヤーの取り回し、上手い具合に為されていないと、ハンドルの切れ角によってエンジン回転が上がったり、変速のレスポンスが悪くなったりする。

先日、BT1100のアクセルワイヤーの取り回しが知恵の輪のように思いも寄らぬ場所を通っており、ワイヤーの通り道にでアジャスターの操作が上手い具合に行えなくなったりしていたのに気付いたけど、ワイヤーの取り回しを正常に戻せば、そういう不具合も消える。

ワイヤーの取り回しに無理があると、ワイヤーの作動に伴って、ワイヤーに疲労や損傷が蓄積して、想定された寿命を全うせず、早い段階でワイヤー切れを起こしたり、操作が重たく感じたりするもの。

このワイヤーの取り回し、結構重要である。

|

« 中華パーツ | トップページ | 塗装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイヤーの取り回し:

« 中華パーツ | トップページ | 塗装 »