« E-Bay | トップページ | タイヤサイズ、備忘録 »

2017年6月18日 (日)

キャリア付きロードとスポルティーフの違い

我が家には700Cのバイクが複数台ある。一番スパルタンなのは、昔ながらのピストで何も付いてない。次がTTバイクっぽいDHバー装備のピスト。変速付きでは、世間一般でいうところのロードがある。装備品は普通のロード仕様である。当然、キャリア、フェンダーは未装備である。アタッチメントとしては、ハンドルバーの下にマウントするDHバーが装備してある。実はトライアスロン等の経験からDHバーによる巡航性能が気に入っているので、多くの自転車にDHバーを装備している。特に、想定走行速度が35~40km/hの車両には装着済みだ。ここまでは、DHバーを装備しても基本はそれだけだ。ここまでの車両の携帯用装備は、大きくてもサドルバック迄で、スペアチューブ、パンク修理セット程度しか携帯しない仕様だ。この辺りの自転車は近郊専用機で、近距離専用である。

で、ツーリングロードと名付けているのは、半日程度の中距離サイクリング用のロードバイクで、アップマウントのDHバーと軽量キャリアが装着してあり、スペアチューブ、パンク修理セットに加え、雨具、タオル類、出先での土産物等を持ち帰る事を想定している。ただ、あくまでもロードの範疇であり、フェンダーは未装備、雨天走行は考えていない。

これに近いのがスポルティーフだ。これ、早朝発深夜着で終日ライド~最長で2泊程度の中長距離サイクリング用の雨天走行前提の車両で、フロントキャリア、フェンダーは当然装備している。DHバーは無し。フロントバッグは先のロードよりも大きなサイズで、スペアチューブ、パンク修理セット、雨具、タオル、泊数分の着替え、土産物等を持ち帰る事を想定している。場合によっては、サドルバックサポーターを装着する場合もある。

何れも、舗装路走行前提だけど、走行距離の違い、走行時間の違いで車両を乗り分けるパターンである。ツーリングロードでは夜間走行な無しで最長200km迄、スポルティーフでは夜間走行も想定範囲で距離的には最短でも200km、普通なら250km以上を想定している。

走る時間が長くなり、走行域が広くなればなる程、環境の影響を受けやすい。それに応じた装備のために、装備を拡張したのがスポルティーフという感じである。

このように考えると、、、、やっぱり、ロードとスポルティーフっていうのは違うような気がする。

因みに、個人的には650Aとか650Bとか、そんなタイヤサイズのランドナーには関心がない。80年代以降、サイクリング先で悪路を走るとか、想定外。連泊前提の自転車旅は、、、今のところ、考えていないので不要。ただ、将来的には関心が沸くかも知れない。

|

« E-Bay | トップページ | タイヤサイズ、備忘録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャリア付きロードとスポルティーフの違い:

« E-Bay | トップページ | タイヤサイズ、備忘録 »