« リアサス | トップページ | トークリップ、、、何故、嵌めない? »

2017年7月22日 (土)

バックミラー

単車のバックミラー、結構重要である。
競技車両では不要だけど、公道走行車両では必須装備だ。
安全確認のために必要というのが一番だけど、白バイ、パトカーの接近を察知するための強力な武器である。
デザイン上、コンパクトさを求めたりする場合も少なく無いけど、そんな事よりも視野の確保、視野内に自分の身体を映させない適切な位置に配置というのが重要。

ということで、バックミラーに求めるのは、鏡面の広さ、それからステーの長さである。

ガンマを例にとると、ノーマルのカウルミラーは平べったい如何にも空気抵抗の大きそうなミラーである。取り柄は視認性が優れる事だけど、気にしないといってもデザインが酷すぎるというのが素直な感想。
この時代のカウルには砲弾型ミラーが似合うということで、一番カッコイイのはGSX-R750/1100の初期型だけど、ステーが短すぎて自分の身体の映り込みが多すぎるのが難点。ステーの長さからいえば、GSX-R250用のミラーだけど、こちらは鏡面が狭いのが今一。ベストは角目GSX-R400・GK71F用のミラー。これはミラー本体はGSX-R750系と同じだけどステーが長く身体の映り込みも無いのでお奨め。

ところで、CXとかBTのようなネイキッドバイクの場合、大抵のミラーは大丈夫だけど、ビッグツインのエンジンの場合、振動で共振する場合がある。ということで、振動に対して抵抗性のある耐振ミラーが良い。視野的にはナポレオンのクロスミラーが良いけど、ジョイント部が緩みがちになるのが今一。BTは純正ミラーだけど、視野が狭めなのが気になるところ。CXでも、いろんなミラーを試行錯誤で使ってみている。なかなか良いミラーに辿り着けない。

|

« リアサス | トップページ | トークリップ、、、何故、嵌めない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックミラー:

« リアサス | トップページ | トークリップ、、、何故、嵌めない? »