« 猫背? | トップページ | ○走JADE »

2017年7月16日 (日)

サスペンション付き自転車

チョイ前迄、オンロード用自転車にサスペンションなんて有り得ない、、、、そう考えていたけど、今はそうは思わない。MTB自体にサスペンションが装着されていても違和感は感じないけど、先日、オンロード用タイヤを装着したMTBを街乗りで使ってみて、これはこれで悪くないような印象。

これまで、サスペンションの駆動効率の悪さから敬遠していたけど、この抵抗感の大きさというのは、サスペンションというよりも低圧のブロックパターンのタイヤによる抵抗が諸悪の根元なんだろう。

オンロード向きの細めの中圧程度のタイヤにサスペンションという組み合わせでは、思った程の抵抗感を感じないのである。

街中では、常に漕いでいる訳ではない。漕いでいる時はロスになるかもしれないけど、空走時はサスペンションの動きはロスになるどころか、衝撃の緩和によってロス低減に効果があってもおかしくないのである。

漕ぐ頻度が高くない街乗り用のオンロードサイクル、、、、これならサスペンションはアリかもしれない。

それで、漕ぐ際においてサスペンションの伸縮による駆動ロスを抑えたディメンジョンを与えた自転車というのが一番の理想のように思う。

駆動ロスを抑えるとなると、昔のホンダNSRのウイリー症候群となったフレーム対策が思い付く。クランク軸、ピポット軸、アクスル軸の三点を同一直線ではなく、チェーンテンションが掛かった瞬間にサスペンションの動きを高速するようなくの字配置にすれば、駆動時におけるロスを最小限に抑えたフレームデザインが実現出来そう。

そんな形のオンロード向けサスペンション付きクロスバイクでも登場すれば面白いかも知れない。そういう自転車を作ってみたい気もする。

|

« 猫背? | トップページ | ○走JADE »

コメント

こんにちは。さっき、VERBって自転車のサイトを見てみました。
サスペンションによる外力の吸収性は期待できそうですが、やっぱり駆動時に発生するトルクをロスするのですね、、、、立ち漕ぎ等では、特に大きなトルクを発生するので仕方ないのでしょうか?
立ち漕ぎでトルクロスを発生させない程度に固めると、乗り心地が悪くなり、乗り心地を優先すればトルクロスが発生するのは不可避なのかもしれませんね。
街乗り専用にクッションストロークをごくわずかに抑えるエストラマータイプならもしかしたら言って以上のトルクロスをキャンセルして、街乗りのギャップのみ対応できるかもしれません。
フライデー、モールトンのような自転車に行きつくかもしれませんね。

投稿: 壱源 | 2017年7月16日 (日) 10時34分

>オンロード向けサスペンション付きクロスバイク

GTのVERBという車種で試したことがあります。

自分は街乗りであっても立漕ぎを多用するような地域に住んでいるので、結果的には失敗しました。

後輪の力のスポイル感はなかったのですが、とにかくフロントサスで力が逃げてしまって、使い物になりませんでした。

平地がずっと続く場所であれば、路面の凸凹を無視して滑らかに走るし、サス無しよりは失速感がなかったので、環境次第では悪くない選択肢だと思います(まともなメーカーのサス付き車は、結構なお値段がしますが)

乗り味は、もの凄く高級なシティーサイクルという感じでした。

投稿: かげふさ | 2017年7月16日 (日) 02時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サスペンション付き自転車:

« 猫背? | トップページ | ○走JADE »