« 猫背? | トップページ | ○走JADE »

2017年7月16日 (日)

マツダの次の一手は?

マツダネタで2017年早々に話題になったのが、中国新聞ネタだけど、3000ccクラスのエンジンで直六ユニットを新規開発するという話、それからFRモデルの検討に入ったという話。
ついで、春になってからは2017年度末に気筒休止エンジン、マイルドハイブリッドシステムを投入するという話。これは日経新聞ネタで、気筒休止エンジンは大型エンジン、マイルドハイブリッドシステムは全クラスが対象という事。

で、マツダの新車発表の状況を見ると、昨年末発表2017年発売のCX-5、それから2017年中の発売を春の段階でアナウンスした3列SUVのCX-8、他には、CX-3にエントリーガソリンモデルを夏前に追加という話だ。

色んな情報の中で気になるのが、次期アテンザがどうなるか?という事。
普通に考えると、年度末ということで2018年3月に次期アテンザが気筒休止+マイルドハイブリッドで既存プラットフォームの熟成の上で登場するのか?という事だけど、出来れば、このアテンザ登場はFMCではなくM/Cで登場するのを願うところである。

FMCで既存プラットフォームで登場となると、アテンザがFRという夢というか願望が大きく遅れるからだ。出来れば、大掛かりなM/Cで現行アテンザに気筒休止エンジン、マイルドハイブリッドシステムの設定というのが勝手な願望である。

個人的にはロータリー云々の前に、既存ラインナップのキャラクターの明確化をしっかり計って欲しい気がする。現状のアクセラとアテンザはボディサイズは異なるけど、作り込み方が非常に近い印象で、FFアクセラ、FRアテンザでキャラをしっかり分けたラインナップを早期に実現して欲しい気がする。
アテンザの新型は楽しみだけど、FFで登場させるなら現行のM/Cに留めて置いて貰いたいなぁ、、、。

|

« 猫背? | トップページ | ○走JADE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダの次の一手は?:

« 猫背? | トップページ | ○走JADE »