« 2017年上期生活習慣日記 | トップページ | 被害者としての自転車 »

2017年7月 1日 (土)

今VS過去

知恵袋等の質問で多いのは、昔のレプリカと今のモデル、どっちが速い?という質問の多さである。
若い人は、インジェクション、イグニッション?、、、、、で今の方が速い。
昔の人は、重量、馬力で昔の方が速い。
という傾向である。
でも、正確な回答としては、、、、一言で言って乗り手次第という事になる。
単車の絶対性能なんて使い切れる人は殆ど居ないので、性能上限を較べても意味無いというのが結論だ。
同じ乗り手の場合はどうか?というと、乗り手の熟練度次第だろう。そういう走り方の熟練度が高ければ、乗りにくくても絶対性能が高いモデルの方が性能を引き出す事が出来るだろうし、実際の経験が少なければ、絶対性能よりも間口が広く乗りやすいモデルの方が性能を引き出しやすいと言う事になる。

ただ、機械としての絶対的な性能を高速性、加速性に限って言えば、これは明白である。軽くて、出力、トルクが大きい方が速い。それだけである。

|

« 2017年上期生活習慣日記 | トップページ | 被害者としての自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今VS過去:

« 2017年上期生活習慣日記 | トップページ | 被害者としての自転車 »