« ミラーの逆ネジ | トップページ | 贔屓のメーカー »

2017年8月19日 (土)

バイクの日

そういえば、8/19はバイクの日だ。制定されたのは、レプリカブーム、バイクブームがピークを越えて、社会問題に対する取り組みが本格化した頃、1989年(平成元年)だ。

バイクブームで、峠、レプリカブームのピークといえば、1985~1988年迄で、事故が多発したのもこの時期。その後、バイクの日とか、バイク昼間もライトオンの運動が事故防止、マナー向上で始まったのだけど、このような運動は、基本は規制目的であり、言い換えれば、絶頂だったバイクブームに水を差す行為の始まりとも言える。

バイクの日!ということで、イベントやら何やらが企画されて開催されるようだけど、遡れば、熱くなりすぎたバイクブームにブレーキを掛けるために始まったキャンペーンだという風に考えれば、なんだか不思議な感覚となるものである。

1989年当時に戻って、バイクの日が制定されるという話を聞いた時の印象は、交通事故撲滅のための暴走行為を止めよう!バイクは安全に楽しもう!というためのキャンペーンであり、あまり好意的に考えなかったような記憶がある。

バイクの日といえば、用意されたイベントに著名人、芸能人を集め、みんなで楽しむというスタイル。バイクの日に限らないけど、今時のレジャーといえば、用意されたイベントに集って楽しむというのが殆ど。今流行のロードバイクも然り。企画に参加して楽しむというもの。

でも、こういうの、あんまり好きでない。

楽しみというのは、用意されたイベントに参加するのでなく、楽しみを創世して、気の合う仲間で連むのが楽しいのである。どうも、イベントに参加して、みんなでワイワイ、、、、これは違うような気がする。

特にバイク、スポーツバイクなんてものは、走ってナンボである。当然、リスクも伴うかもしれないけど、それを含めて楽しむモノである。
やはり、、、バイクの日という形で企画されたイベント、、、、馴染めない。

まぁ、バイクの日でのイベントに限らない。今時ならロードバイク等自転車を用いたサイクリングイベント、アニメ、ゲーム、コスプレ等々も企画イベントが花盛りである。
休日ともなると、各地でイベントが企画されている。そんな企画に愛好家が集って盛り上がる、、、そんなスタイルが定着している。イベントには、開催地と一体となって賑わいの場が設けられているのが特徴。

私事的に分野が被るのは、バイク、自転車といったところだけど、このイベントに参加するか?というと、基本、参加しない。
何か、企画開催されたイベントに集うっていうのは、違うような気がする。

自分で、好きな時に、好きなように楽しむというか、それを自由というならば、取り決めのあるイベントに参加するというのは、楽しみ方で自由度が足りず、不自由な印象が強い。

|

« ミラーの逆ネジ | トップページ | 贔屓のメーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクの日:

« ミラーの逆ネジ | トップページ | 贔屓のメーカー »