« 4分 | トップページ | 2ストローク »

2017年9月 4日 (月)

安佐-安芸TT

昨晩の記事に、この区間のTTタイムで4分が限界という意識だった事を思い出し、今朝走る時は、条件が良かったので、太田川沿い、西岸の安佐大橋、安芸大橋間のタイム計測、ほぼ限界迄追い込んで行ってみた。

時間は午前7時半頃、コンディションは北風で追い風の絶好のコンディション、信号のタイミングは最適で、安佐大橋の信号に停止することなく、突入。突入時の速度が46km/h、もしかしたら、最速で4分切れるか?と思い、アタックしてみた。

走っている時も好い具合に、車の車列が十数メートル間隔で数台の塊に、4回追い抜かれる条件。

追い風+車の通過によるエアロカプセルが利用できる状態。

車の塊に追い抜かれる間は、48km/h程度が維持できる。

抜かれ切って、車から15mも離れると空気の壁を感じるけど、空気の壁を感じて、速度が42km/h程度に落ちてきた時に、再び車の集団に追い抜かれる。そのタイミングを利用して速度を乗せ直す。

これを数回繰り返して、殆どモガキ切って、、、3分51秒。

これ、恐らく、過去を振り返っても最短の所要時間。平均速度で45km/h以上、、、、

ただ、この後の遊歩道区間は脚が完全に終了。

ただ、最高速度で50km/hオーバーには到達せず。まぁ、50km/hを超えた状態にすると、切れた時に速度を乗せ直すのは難しいので、3kmアベレージ最速を狙うとトップスピードは48km/h程度に抑えて維持する時間を長く取るのが良いという判断だ。

この区間の速度、速い人になると3分50秒を切る人もいるかも知れないけど、自分の場合は多分、不可能。今日の時間も好条件が重なった偶然の産物だろう。普通に頑張っても4分は切れない程度だろうと思う。

まぁ、朝ピストの帰りにはショップによって、折りたたみ自転車のロッド留めのピン、DHバーのパッドベース、17Tの固定コグを注文、後は、売れ残りのマルチロックを二個購入。これは、単車のヘルメットホルダーの追加に使う目的。

で、フレッシュな状態に近づけて、二葉山の団地TT、タイムは3分14秒程。固定シングルの割りに良いペース。

ただ、こんな事したので、帰宅後は完全にグロッキーである。昼過ぎ迄、何もする気がわかない。

疲れました。

|

« 4分 | トップページ | 2ストローク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安佐-安芸TT:

« 4分 | トップページ | 2ストローク »