« マツダのエンジン戦略は楽しみ | トップページ | 緩み »

2017年9月 3日 (日)

自由

単車、自転車は、改造するのも乗るのも好き。但し、乗る場合に限ると、乗るのは自分の意志で、自分の好きなところを好きなように走るのが好き。
イベント、競技会、、、、というのは、あまり好みでない。参加費用を払って組まれたコースを走行する、、、そういうイベントが自転車関連では特に多いけど、そういうのが今一ピンと来ない。単車でも、何かのイベントに集まってワイワイ騒ぐというのは、どうもピンと来ない。

イベントといえばレースというのも少なく無いけど、これも考えてみれば、大好きというものではない。
そういう系統の中で好きと言えるのは、混走しない形でのタイムトライアルだ。四輪、二輪ののジムカーナ的な催し方が割と好き。一方で、自転車で纏めてスタートするようなヒルクライムとかは、あまり好きではない。

違いは何か?というと、走って速さ云々を言って較べる場合、対象は自分だけでOKという考えが背景にある。同時に他人が走っていると、それだけで条件が狂いかねない。以前の自分、未来の自分を比較対照と考えると、単独走行がベストだ。

ツーリングとか、イベントとかでは、何某かの大会が企画起案したようなコースをワイワイガヤガヤ走るというのは、なんだか、箱庭で遊ぶ愛玩動物というか、ローターを回すハツカネズミというか、そんな風に思ってしまう。

ツーリングというのは、気ままな冒険というのが理想で、速かろうが、遅かろうが、自分の決めたペースで走るというのがベストである。

昔の単車乗り的に言えば、サーキット派というよりも峠派という感じかもしれない。

自由気ままに自分の好きなように、好きな場所を選んで遊ぶ、、、これがベストである。

|

« マツダのエンジン戦略は楽しみ | トップページ | 緩み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由:

« マツダのエンジン戦略は楽しみ | トップページ | 緩み »