« 勘違い?意識過剰? | トップページ | CX-8発表 »

2017年9月14日 (木)

セパハンよりも

スポーツバイク、好きなポジションはセパハン+バックステップというポジションだけど、峠を走るのにセパハンは必須か?と言えば、そうではない。セミアップハンドルでも全然OKである。セパハンで攻める時も、セミアップハンドルで攻める時も、あんまり変わった感覚にはならない。

何が大事か?というと、セパハンよりも下半身の収まりに左右するステップポジションだ。ステップこそがスポーツライディングには重要のように思う。

下半身がピッタリ収まって、左右のステップに荷重をしっかり載せる事が出来るのが大事。膝が開いて踏ん張りが効かないポジションだとNGである。

シートが低く、ステップが高いと左右とも窮屈かもしれないが、左右の荷重コントロールが容易なので好みだ。

ツアラー等では、ステップが低く膝が開き気味だけど、或る程度の範囲であれば、コーナーリングに併せてシッティングポジションを左右に5~10cmずらす事で、荷重コントロールが出来るので、それもあり。過去のバイクでは、XZがそうだし、今ならBTがそんな感じだ。因みに、CXは、下半身は比較的タイトなので、腰をずらす必要性は感じない。

何にしろ、ステップ位置っていうのは、セパハンの比にならない程に重要だ。

|

« 勘違い?意識過剰? | トップページ | CX-8発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セパハンよりも:

« 勘違い?意識過剰? | トップページ | CX-8発表 »